エイベックス・マーケティング株式会社


SUPER JUNIOR「THE 3rd ASIA TOUR-SUPER SHOW3 in JAPAN」ファンを魅了!!



SUPERJUNIOR_1

SUPERJUNIOR_1

韓国のみならず、アジア各国で旋風を巻き起こしているエンターテインメント・ダンス・グループSUPER JUNIORが待望の日本でのライブ『THE 3rd ASIA TOUR-SUPER SHOW3 in JAPAN』を開催!K-POPアーティスト達が続々と日本デビューを果たす中、どのジャンルにも決して交わることのない、唯一無二の存在感を放つ彼らであるゆえに、その期待値は計り知れないものがあった。それもそのはず、彼らは歌手としてはもちろんのこと、各分野のトップスターを輩出することを目的に、それぞれが俳優、モデル、MC、DJ……と多岐に大活躍!十人十色の多個性と多彩な才能を持ち合わせた、まさしくスーパー集団なのだ。

そんなSUPER JUNIORの魅力がギッシリと詰め込まれたライブステージ、彼らのASIA TOUR『SUPER SHOW』が3回目にしてついに日本初上陸!2011年2月18、19、20日の3日間に渡り、横浜アリーナで行われた。なんと3万6千枚のチケットは即日ソールドアウト!それだけでも彼らの凄まじい人気ぶりがうかがえるが、ライブ当日の横浜アリーナは、終始とてつもない温度、熱を放出していたのだった。

1曲目は、2月16日にリリースされた『SUPER JUNIOR JAPAN LIMITED SPECIAL EDITION-SUPER SHOW3 開催記念盤-』でも1曲目に収録された大ヒット曲「SORRY,SORRY」。観客との息の合った掛け合いで、早くも会場は一体化となる。オープニングではクール&ワイルドなSUPER JUNIORで観客を圧倒していたとか思いきや、日本でシングルリリースされた「ロクゴ!」ではユーモア溢れる動きで盛り上げたり、「トットット」ではド派手なスパンコールのジャケットでこぶしを回しながら演歌調の歌を熱唱……さらにレディーガガやビヨンセに扮したり、「COOKING? COOKING!」ではそれぞれが野菜やくだもの、きのこの着ぐるみを着て歌ったり……と笑いの要素も存分に詰め込まれているのがSUPER JUNIOのライブの魅力のひとつ。

またシンドンがMC中に、楽しんごのギャグ「ドドスコスコスコ~ラブ注入」を披露すると、彼に促され、ほかのメンバーも連鎖反応で観客と一緒に「ラブ注入!」を行うなど、日本の流行にも敏感な一面も。そんな無邪気でユーモア満載のメンバーであるが、それもハイクオリティーの歌やダンス・パフォーマンスがあってこそ。それぞれが各々の分野で高い身体能力を持つのみならず、大所帯のグループーの特性を活かしたフォーメーションの幅広さ、全員の呼吸の揃ったダンスシーンは圧巻の一言!さらにソロコーナーでは、中島美嘉の「雪の華」や平井堅の「瞳を閉じて」、SMAPの「世界に一つだけの花」を日本語で歌い、会場からその表現(歌唱)力と吸収力の高さに自然と大きな拍手と喝采が沸き起こるなど、実力派アーティストとしての力量をしっかりと見せつけてくれた彼ら。

また韓国だけではなく、アジア各国でも大ヒットを記録した「美人(BONAMANA)」では並外れた高いダンススキルを見せ、「U」では白熱のステージングで観客をノックアウト。色とりどりの全34曲、3時間に及ぶ『SUPER SHOW3』はメンバーもファンも終始、フルパワーで駆け抜けたのだった。「みなさん幸せですか?僕は幸せです。これからもみなさんの愛を裏切らないように、SUPER JUNIORは一体となって頑張っていきます」(リーダー・イトゥク)改めてSUPER JUNIOR=最高水準を誇るエンターテインメント集団であることを痛感させられた今回。最高の歌とダンスとユーモア、そして、最上級のファン愛に溢れた彼らは、正真正銘のアジアNo.1スーパーグループなのである。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • SUPERJUNIOR_1 SUPERJUNIOR_1
  • SUPERJUNIOR_2 SUPERJUNIOR_2



注目ワード
運動会
父の日