「水素セミナー2011 in SAGA」を開催します



~家庭用燃料電池・FCV・水素ステーションの開発動向についての講演会~

 水素を燃料とする燃料電池は、自動車や家庭用燃料電池(エネ・ファーム)など、多様な用途に利用可能なエネルギー技術で、日本の技術力を世界に示すことができる分野として大いに期待されています。

 エネ・ファームは、すでに2009年に市場導入され、メーカー各社において更なるコストダウンに向け研究が重ねられています。さらに、自動車メーカーと水素供給事業者13社は共同声明として、2015年にFCV(燃料電池自動車)の国内市場導入及び水素供給インフラ開始に向けて共同で取り組むことを1月13日に公表されました。

 (財)佐賀県地域産業支援センターでは、今年度「水素利用社会システム構築実証事業」として国の補助を受け、鳥栖に水素ステーションを整備し、県が2月1日から公用車としてリース導入した「水素燃料電池自動車(トヨタFCHV-adv)」を活用して、来るべき水素社会の実現に向けた実証に取り組んでいます。

 そこで、佐賀県と地域産業支援センターは、来るべき水素社会実現、新たなビジネスチャンスの発掘に向け、企業の皆様が最新の動向を情報収集できる場としてセミナーを開催することとしました。

 当日は、水素ステーションのオープニング見学会も兼ねています。水素利用社会の実現に向けて最新の動向を知る絶好の機会です。是非ご参加ください。


1 内容
 県内の企業経営者を対象に、家庭用燃料電池(エネ・ファーム)・FCV(燃料電池自動車)・水素ステーションの最新の開発動向を紹介する講演会を実施する。

2 日時
 平成23年3月15日(火曜日)
 14時から16時50分

3 場所
 鳥栖環境開発綜合センター
 (鳥栖市轟木町929-2)

4 日程等スケジュール 
(1)主催者挨拶
(2)講演            
(3)水素ステーションオープニング見学会  

5 募集人員
 70名(会場の都合により、定員になり次第締め切ります)

6 主催
 財団法人佐賀県地域産業支援センター、佐賀県


※詳しくは(佐賀県HP)
http://www.pref.saga.lg.jp/web/kisha/_52498/_52904.html


【お問い合わせ】
 佐賀県新エネルギー産業振興課 振興担当
 電話:0952-25-7380
 E-mail:shin-ene@pref.saga.lg.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会