日本イーライリリー株式会社


東北地方太平洋沖地震の被災地域の皆様へ



弊社製品供給ならびにお問合わせ先のお知らせ

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早く復旧されますように心からお祈り申し上げます。


【製品供給について】
弊社の製品供給については、今回の地震による弊社の製造工場および物流センターへの被害はありませんでした。インスリン製剤を含む弊社製品の在庫量は通常レベルを確保しております。

【弊社自己注射製剤の安定性について】
保冷を要する弊社自己注射製剤(インスリン製剤、GLP-1受容体作動薬、成長ホルモン製剤および副甲状腺ホルモン製剤)において、破損・外観異常(浮遊物等)がないか、念のためご確認の上、ご使用下さい。異常が認められた場合にはご使用をお控え下さい。 なお、各要保冷製剤の保存データは下記の通りです。

インスリン製剤{ヒューマリン注関連製剤(カート・キット)、ヒューマログ注関連製剤(カート・ミリオペン)}:
未開封の製剤は、ヒトインスリン製剤(ヒューマリンR・N・3/7注)では25℃で6ヶ月、インスリンリスプロ製剤(ヒューマログ注・N注、ヒューマログミックス25・ミックス50注)では30℃で1ヶ月までは安定であることが確認されています。また、開封後は室温においてヒューマログN注カート・ミリオペン(18日間)を除く、全てのヒトインスリン製剤・インスリンリスプロ製剤で28日間の安定性が確認されております。

GLP-1受容体作動薬 (バイエッタ皮下注):
未開封の製剤は25℃で3ヶ月、開封後の製剤は 25℃で30日間の安定性が確認されております。

成長ホルモン製剤 (ヒューマトロープ注):
溶解前の製剤は25℃で6ヶ月、溶解後の製剤は通常使用下以外の温度逸脱(冷蔵庫破損・停電等)で冷蔵温度が保てない状態では、25℃で24時間の安定性が確認されております。

副甲状腺ホルモン製剤 (フォルテオ皮下注):
未開封の製剤は25℃で1ヶ月、開封後の製剤は通常使用下以外の温度逸脱(冷蔵庫破損・停電等)で冷蔵温度が保てない状態では、25℃で24時間の安定性が確認されております。

また、上記の自己注射製剤(インスリン製剤、GLP-1受容体作動薬、成長ホルモン製剤および副甲状腺ホルモン製剤)の患者様使用分で、停電(計画停電は除く)、破損および水濡れ等により使用できなくなった「罹災製品」は無償交換させていただきます。交換はかかりつけの医療機関(もし難しい場合は最寄りの医療機関)にお問い合わせください。

ご不明な点につきましては、以下の弊社医療情報問合せ窓口にお問い合わせください。

Lilly Answers(リリーアンサーズ) 0120-245-970
(フリーダイヤルでの接続が出来ない場合 078-242-3499)

【副甲状腺ホルモン製剤はこちらにお問い合わせください】
<フォルテオ電話相談窓口>
フリーダイヤル 0120-52-10-52
(フリーダイヤルでの接続が出来ない場合 078-242-3649)

関連URL:https://www.lilly.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(その他)


注目ワード
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル