アドビ システムズ 株式会社


アドビ システムズ社の災害対応について



東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、アドビ システムズ社では、この難局を乗り越えるための被災者の皆様への支援を、関係自治体・組織への支援活動と併せ、全社を挙げて取り組ませていただきます。
また、震災後の状況を鑑み、被災者支援以外の販売促進関連メールの配信は
当分の間控えさせていただいております。

地震発生から現在までの弊社の災害への対応ならびに関連情報は以下のとおりです。

------------------------------------------------------------

【震災の影響でライセンスを喪失したお客様へのサポート】
震災によりライセンスを喪失したお客様にはライセンスの再発行に対応いたします。喪失したライセンスの再発行につきましては、電話0570-067337(ナビダイアル)または03-5350-0407までご連絡ください。できる限りの早急な対応をさせていただきます。
ライセンスの配布には物流の回復、あるいはインターネット接続の回復などが必要です。ご不便をおかけすることもあろうかと思われますが、ご了承ください。
http://www.adobe.com/jp/support/information/


【アドビ システムズ 株式会社からの義援金の寄付】
アドビ システムズ 株式会社では日本でのパートナー各社様の今期の販売額に応じて、その一部を日本赤十字社に寄付いたします。


【米国アドビ システムズ社からの義援金の寄付】
アドビ システムズ社は、東北・三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震の被災者救済のため、米国赤十字社を通じて75,000米ドルを寄付いたしました。


【全世界のアドビ システムズ社員による義援金プログラムの展開】
全世界のアドビ システムズ社の社員が赤十字社もしくはアジアのNPO支援団体であるGive2Asiaへの寄付をした場合、その2倍の額の寄付を行うMatching Giftプログラムを展開しています。
http://www.adobe.com/jp/joc/give2asia/


【PDFで提供される各種災害関連情報の表示に必要なAdobe Reader(無償)のダウンロード】
東京電力、東北電力からの計画停電案内ならびに多くの自治体、交通機関からの災害関連情報がPDFで公開されています。PDF文書の表示、印刷に必要なAdobe Readerは次のサイトから無償でダウンロードいただけます。
http://kb2.adobe.com/jp/cps/891/cpsid_89111.html


【Flash Player、Adobe ReaderおよびAcrobatに関するセキュリティ情報】
震災発生と期を同じくしてFlash Player、Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性を利用した攻撃が報告されています。この脆弱性の悪用により、Adobe Reader およびAcrobat が攻撃を受けたという事例は、現時点では確認されていません。
Adobe Reader Xの保護モードによりこの脆弱性を対象とした攻撃は阻止されます。

弊社ではユーザーの皆様に下記セキュリティアップデートに従いソフトウェアをアップデートすることをおすすめします。

Adobe Flash Player用セキュリティアップデートの詳細は
http://kb2.adobe.com/jp/cps/895/cpsid_89522.html

Adobe ReaderおよびAcrobatに関するセキュリティアップデートの詳細は
http://kb2.adobe.com/jp/cps/895/cpsid_89579.html


このほか、アドビ システムズ社では、関係各局からの各種支援の要請に対応するとともに、被災されたユーザーの皆様からのご要望に可能な限りお応えしてゆく所存です。
今後新たな支援策が追加され次第、皆様にお知らせいたします。
皆様のご無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。


※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴

アドビ システムズ 株式会社

所在地
東京都
業種
サービス業
Webサイト
http://www.adobe.com/jp/