日本電気株式会社


NEC、特設サイト「太陽系大航海時代の幕明け」において、小惑星探査機「はやぶさ」のターゲットマーカの開発秘話など新規コンテンツを公開



NECは特設サイト「太陽系大航海時代の幕明け」において、以下の新規コンテンツを公開しました。

・お手玉から導きの光へ ~ターゲットマーカ誕生の裏に~
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/targetmarker/?cid=n2u
重力がないに等しい「イトカワ」に着陸するための目印をどうやってつけるか? 人類初の偉業を達成するため、数々の難題を経て「はやぶさ」をイトカワに導いたのが「ターゲットマーカー」です。ヒントとなったのは、技術者の母親が、孫のために作った手作りのお手玉でした。3年かかって完成させた「お手玉型ターゲットマーカー」の開発秘話をお届けします。

・「はやぶさ」数々の『世界初』宇宙へ~NECの挑戦~
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/challenge/?cid=n2u
イトカワのサンプル採取を始め、数々の世界的快挙を成し遂げたはやぶさ。後に政府から「現代の名工」に選ばれたワイヤーハーネスの取り付けや、軽量化を最優先した設計により、困難を極めた衛星の組み立て、着陸地点決定に貢献したイトカワの3Dマップ作成など、はやぶさを支えた、知恵と経験によるベテランの職人技術をご紹介します。

・ファンファーレはやぶさ~もう一度、エンジンに灯をともそう~
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/fanfare/?cid=n2u
7年わたる壮大な旅から地球に帰還した「はやぶさ」の感動を曲にして演奏したいという思いから、NEC玉川吹奏楽団が作曲家の八木澤先生に依頼をし、打ち上げから帰還までをイメージして完成した曲が「ファンファーレはやぶさ」(委託作品)です。はやぶさの打ち上げから帰還まで、壮大な7年間にわたる旅の映像を重ねてお届けします。

また、動画コンテンツはYouTubeでも視聴いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=sNmyUesmwLo/?cid=n2u

・作曲家 八木澤教司先生について
1975年4月3日岩手県北上市生まれ。武蔵野音楽大学作曲学科卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。
各種コンクール審査員、客演指揮、指導、講演、音楽雑誌執筆に加え、音楽出版社のプロジェクトアドバイザーなど、現在最も勢いのある若手作曲家の一人 。

・NEC玉川吹奏楽団について
NEC玉川事業場(神奈川県川崎市)および近隣の事業場に勤務するNEC グループの社員で構成された吹奏楽団。1957年(昭和32年)に設立。過去29回吹奏楽コンクール全国大会に出場し4回金賞を受賞。1991年(平成3年)には川崎市より「川崎市文化賞、」を受賞し、現在では年に1回の定期演奏会(MUZAかわさき)やNECチャリティコンサート(横浜みなとみらいホール)、玉川事業場で開催している地域社会向けのなかはらふれあいコンサート、ファミリーチャリティーコンサートなど数多くの演奏会を開催している。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kshin/tband/?cid=n2u

・ご参考: NEC特設サイト「太陽系大航海時代の幕明け」とは
太陽系の惑星を自由に行き来できる時代を目指し、NECグループは最先端の宇宙技術で宇宙開発の進歩に貢献しています。本サイトでは、小惑星探査機「はやぶさ」をはじめ、NECの宇宙技術と技術者の思いなどを紹介しています。
http://www.nec.co.jp/ad/cosmos/?cid=n2u

<お問い合わせ先>
「太陽系大航海サイト」に関するお問い合わせ先
NEC CRM本部 宣伝部 国内プロモーション企画グループ 
TEL:03(3798)6334

関連URL:http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/?cid=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭