日本電算機株式会社


JCCがリモコンで操作できる家庭用サーバ「iBOXブロードメディアサーバ」発売開始



- ブロードメディアを簡単に使いこなせる家庭用サーバ -

世界初のセット・トップ・ボックス型家庭用インターネット端末機「iBOX」を開発した日本電算機株式会社 (以下、JCC 本社・東京 代表取締役社長 石井孝利) は、ブロードバンドの一般家庭普及の時代を受けて、本格的なホームサーバの先駆けとなる家庭用サーバ「iBOXブロードメディアサーバ (以下、iBOXサーバ)」を7月22日よりインターネットにおけるBill To Orderで予約販売を開始いたします。

 CATV、ADSL、FTTHなどのブロードバンド利用者の人口は、すでに480万人を超えたといわれています(※)。多チャンネル化するテレビ放送に加えて、インターネットを介したブロードバンド・コンテンツの急増は確実です。こうした時代には、テレビ視聴だけではなく、インターネット・ブラウジング、電子メール、CD/DVD再生、CD-RW/DVD-RW録画再生、ハードディスク録画/再生など、ブロードバンド時代に相応しい豊富な機能を搭載し、なおかつ簡便な操作性を実現した新しい機器が求められてきます。

 「iBOXブロードメディアサーバ」は、単一のサーバー機能のみに留まらず、インターネット・ブラウジング、電子メール、CD/DVD再生、CD-RW/DVD-RW録画再生、ハードディスク録画/再生などさまざまな機能を、(1)一台のリモコンを使って簡単な「操作」で楽しめる、まったく新しいコンセプトのブロードバンド時代向け家庭用サーバです。加えて家庭内での(2)無線LANを用いたホームネットワークやホームページ開設などの「サーバ/ネットワーク」機能、さらに本格的に(3)「編集、ホームページ運営」までを楽しめる3ステージ構成を用意し、家庭用サーバのあるべき姿を実現しました。その結果、家族の誰もが手軽に、そしてフルにブロードバンドの醍醐味が楽しめる、従来にない画期的な製品としてお届けできることとなりました。

 弊社ではこうした3ステージにわたる様々な利用形態を「2ステージプラスONE」という利用コンセプトでまとめ上げ、この製品を簡単に活用できるよう考案いたしました。

  今回は家庭用サーバの普及を目指して、まずはiBOXブロードメディアサーバシリーズの第1弾として、低価格モデル「iBOXサーバ is-1」、普及モデル「iBOXサーバ is-2」をリリースいたしますが、その後、記録型DVD内蔵モデルをリリースしていく予定です。


 こうした家庭用サーバは、未開発の市場であるため、市場開発をめざすアプリケーションベンダー、新しい利用形態の考案者、サポートビジネス等に向け積極的に、市場を開発していく所存です。

市場開発を目的として、7月22日よりインターネットにおけるBill To Orderで予約販売を開始いたします。また9月1日からは、大手量販店でも展示販売を開始する予定です。
初年度の販売予定台数は10万台、価格は両モデルともオープンプライス。


【ホームページ】
 http://www.jcc.co.jp/iboxserver/server-top.html

(※ 総務省調べより)

1.) 「iBOXブロードメディアサーバ」とは?

1.ブロードメディア 〜デジタルコンバージェンス時代の到来
 テレビやパソコン、そしてインターネットの環境に激変が訪れようとしています。それは「デジタルコンバージェンス(デジタルによる統融合)」。放送やブロードバンド(インターネット)といったメディアが一つの機器に統融合され、新たな“ブロードメディア”時代が開かれようとしているのです。


2.2ステージプラスONE 〜高度・複雑な機能と簡便な操作性の融合
 日常生活の中で統合化したブロードメディア機器を利用したいと思う時、ひとつの、そして大きな問題が生じます。それは、機能が高度・多機能になればなるほど、操作も複雑になり、利用者にとって使いたい気持ちが萎えてしまうということです。
 しかも、ブロードバンドメディア機器には、LAN (ローカルエリアネットワーク)によるネットワーク構築やWeb、動画等のサーバ機能、さらには、コンテンツを編集・運営・維持する機能も求められています。
 万人の前に開かれているブロードメディアですが、このままでは操作性がネックとなって真の利用普及にはつながりません。ここにひとつの、明瞭な解があります。それがリモートコントローラ、つまりリモコンを利用した簡単かつ便利な利用形態です。テレビやエアコンの操作で慣れているリモコンで簡単に使え、しかもネットワーク、サーバ、さらには編集・運営といった機能まで利用できる画期的な利用形態として、弊社JCCでは“2ステージプラスONE”を積極的に推進いたします。


3.プレイステージ 〜リモコン一台でテレビ、HDR、DVD、ブラウザ、メールを操作
 このリモコンは、たった一台で「テレビ」「HDR(ハードディスクレコーダ)」「DVD(is-2,is-3)」「ブラウザ」「メール」といった豊富な機能を、容易かつ簡単に利用することができます。たとえばリモコンの先端近くにある「テレビ」のボタンを押し、チャンネルを選べば、当然そこには選んだチャンネルの番組映像が映し出されます。さらに「HDD」のボタンを押せば、従来のVTRの世界が出現します。しかもテープの代わりにHDD(ハードディスク)に録画されますので、30〜40時間 (ハードディスクが40GBの場合) におよぶ長時間の録画が可能です。頭出しもサムネールを見て選択するだけなので、これまでのように早送りや巻き戻しで、録画した番組の頭を探すといった面倒な作業は必要ありません。しかも従来のVTRと違い、録画しながらの再生が可能なので、追い掛け再生も現実のものになります。さらにiモードを使えば、外出先からEPG(電子プログラムガイド)やメールを使った録画予約が可能になります。JCCではこの利用ステージを “プレイステージ”と呼びます。なお別売りのキーボードを利用すれば、パソコンに慣れた方にはさらに快適に使用いただけるでしょう。


4.サーバ/ネットワークステージ 〜ネットワーク、Web・動画サーバ機能
 「ネットワーク」「Web・動画サーバ」機能を利用するステージを“サーバ/ネットワークステージ”と呼びます。このステージには、ル―タ機能、無線LAN機能も含まれ、さらにそれらもリモコンのコントロールにより利用することができます。またサーバ機能の中には、Web発信用のパーソナルGeT(Global e Telligence)を中心としたDB(データベース)機能まで標準装備しています。


5.クリエイティブステージ 〜発信、運営、アップグレードにより更に魅力的になる 「プラスONE」の部分には、Webサイトの編集・運営、動画編集、さらに必要ならばアプリケーションプログラムの開発をも可能にするツールが装備されています。

 さらに、この製品は今後予想されるソフトウェアのアップグレードにも対応できる仕組みになっています。インターネットを経由し、新しいソフトウェアをダウンロードできるので、将来の成長が楽しみな機器ともいえます。


6.3ステージの機能を1台で実現
 以上のように一台で3ステージの機能が使える製品の必然性は、実はこの製品の誕生のポイントでもありました。放送される番組をHDR(ハードディスクレコーダ)に録画・再生する機能と、ブロードバンドを介してコンテンツをHDRにダウンロードする機能は、ともにハードディスクに情報、なかでも動画コンテンツを記録するという物理的には同一の機能だからです。私たちの家庭生活は、今後、放送であれインターネットであれ、動画情報は一台のブロードメディア機器の中に入れて利用する方が、簡便であるし、利用形態も一層広がるでしょう。

 そしてインターネットに慣れてくれば、今度は受身だけではなく、自からの発信も可能であり、なおかつ重要であることに気づきます。友人、知人、別居家族とのコミュニケーションも、今後は個人放送等の動画を主体としたものに変わっていくでしょう。

 JCCでは、これらの時代的背景と、我々が生活する上でのニーズを考え、放送とブロードバンドを統融合した製品の必要性を痛感しました。しかもそうしたコンテンツやコミュニケーションの鍛錬を通じて、新たなコミュニケーションの時代がやってきていることを確信しています。そのためiBOXサーバでは、今までの「テレビ」「HDR(VTR)」「DVD」「ブラウザ」「メール」といった生活必需の利用部分をリモコンで利用できるように、またサーバ、ネットワーク機能はプロフェッショナルな使い方もできるように設計させていただきました。しかも最後のステージ(プラスONE)では動画系の編集やWebの編集・運営まで可能とする待望の機能まで実現いたしました。1台で3ステージの合理性、しかも3つのステージが相互に効果的な結合を創出できることを考えますと、正に画期的な製品の登場といえます。


7.iBOXサーバの利用方法
 iBOXサーバがあれば、リモコン一台で「テレビ」「HDR」「DVD」「インターネット」を簡単に楽しむことができます。時間がある時は、自分のWebサーバの中味を更新することもできます。別売のアンプを用意すれば、ドルビーの5プラス1チャンネルで迫力のオーディオも楽しめます。CSやBSデジタルチューナとの接続もIEEE1394のインターフェースでOKです(is-1には装備されていません)。プラズマテレビとの接続では、テレビ接続以外にXVGAでの接続も可能なので、より美しい画面で番組を堪能することができます(プラズマテレビのメーカ、機能によっては対応できない場合がありますので、ご購入の際にお確かめ下さい)。


8.ビデオ配信もできるマイホームページ
 “パーソナルGeT”が標準装備されているので、専門的な知識を必要とすることなく、自分のスケジュール帳、掲示板、日記帳といったパーソナルなホームページを簡単に作成、更新することができます。また文字だけでなく、撮影、編集したビデオ映像もエンコードの後に、公開することができます。さらに弊社のダイナミックDNSサービスをご利用いただければ、動的なIPアドレスを提供するプロバイダを利用されている方でも動画像のWeb発信が可能となります。


9.セキュリティ
 現代インターネットに関するセキュリティが大きな問題となっていますが、セキュリティといっても次の4つに分類され、各々対処の仕方が異なります。当製品では各々の機能で堅牢なセキュリティを保持いたします。

(1)ハッカー、クラッカーの侵入、攻撃を防ぐ
 ハッカー、クラッカーが外部から侵入し、あなたのiBOXサーバを攻撃しようという企みに対して、ファイヤーウォールの装備などで対抗します。

(2)踏み台としての悪意ある行為を防ぐ
 あなたのiBOXサーバを悪質な行為の土台として利用しようという企みに対して、ファイヤーウォールの装備で対抗します。

(3)メール等のウィルス対策
 ウィルス付きのメールによって、あなたのiBOXサーバのファイルやハードディスクを破損させたり、メールソフトの登録先の方たちに対してまで被害を広げようとする悪意に対して、ワクチンの投
入などの処置をします。(トレンドマイクロ、シマンテック等のソフトウェアを購入する必要があります)

(4)認証と暗号処理により秘匿を保持する
 初期設定やホームページの管理に際しては、ID、パスワード、テンプレートの権限設定で認証を行うとともに、メール、文章、パスワードなど高い秘匿性を要求される通信では、暗号処理にも対応いたします。


10.著作権保護
 ハリウッドの映画会社に代表されるようにコンテンツの制作にはリスクと莫大な資金が必要とされ、その投資回収を円滑に計るには、コンテンツの著作権が確実に守られなければなりません。しかもデジタル化されるとコピーされたコンテンツが原盤同等の高い画質になり、価値もそのまま維持されます。そこで、DVD、デジタル化されたコンテンツのコピーを防ぐ等著作権保護をする必要があります。
 当製品では、著作権の保護をめざした機能を用意しております。


2.) 製品の機能

iBOXサーバは、リモコンでテレビ、HDR(ハードディスクレコーダ)、DVD、インターネット機能を操作する「プレイ」ステージ、家庭内LANやインターネット発信をする「サーバ/ネットワーク」ステージ、動画編集やホームページ運営管理をする「クリエーション」ステージと、初心者からプロフェッショナルユースまでを満足する「2ステージプラスONE」構成です。各々のステージでは、以下の各機能をご利用いただけます。


1.「プレイ」ステージ  リモコン1つで気軽に簡単に楽しめます
 (1) ハードディスクレコーダ機能では、以下のような多彩な再生/録画機能が楽しめます
   ・地上波テレビ放送をMPEG2の高品質データで大容量のハードディスク録画・再生が
    できます
   ・EPG(電子番組表)を使った簡単な番組録画ができます
    (外出先からiモードなどで予約ができます)
   ・録画中の「追い掛け再生」ができます

 (2)ブロードバンド端末としてご利用いただけます
   ・ホームページ閲覧がお楽しみいただけます
     (HTML4.01、JAVA Script、Flash、各種動画再生機能)
   ・電子メールの送受信ができます
・ブロードバンドの動画コンテンツを保存できます

 (3)DVD/CDプレーヤーとして楽しめます (is-2の場合)
   ・家庭内にある、DVD映像や音楽CDを鑑賞できます
   ・ハードディスクレコーダ内の映像や音楽をDVDに記録できます(is-3の場合)

2.「サーバ/ネットワーク」ステージ 家庭内ネットワークとブロードバンド接続をするステージです
 (1)高速/無線ネットワーク環境がご自宅で利用いただけます
   ・家庭内を100Mbpsの高速通信でネットワーク化することもできます
    (10/100 Base-Tイーサネット)
   ・離れた部屋とも無線でケーブルレスでネットワークできます (無線アクセスポイント機能)
     (※ is-2,is-3の場合)
    もちろんis-1でも、外付けで無線LANアクセスポインを接続して、家庭内を無線LAN環境
    とすることもできます。
 (2)本格的なサーバマシンとして、ご利用いただけます
   ・webサーバ、メールサーバ、ストリームサーバをご自宅で運営することができます。

 (3)ブロードバンドルータ機能で、家庭内のパソコン等の端末機から、iBOXサーバ
 を経由してブロードバンド通信することができます

3.「クリエーション」ステージ  自分の嗜好を追求し、さらに本格的にご利用いただける
ステージです。
 (1)ビデオ編集機能
    ・特別な編集機を用意しなくとも、複数の家庭用ビデオカメラを接続して、ハードディスク内に
映像を取り込んで編集作業ができます(※ is-2,is-3では、IEEE1394接続ができます)

 (2)ご家庭から情報発信ができます
    ・webページ、メール発信機能に加えてデーターベースがパッケージされた「パーソナル
    GeT」がインストゥールされているので、専門知識を必要とせずにホームページの運営・
    管理が可能となります
    ・動画サーバ機能により、ビデオ映像をブロードバンド上に動画配信できます
 ・動的なIPアドレスのプロバイダーに接続している場合でも、弊社が提供するダイナミック
     DNSサービスで、ご家庭から情報発信ができます。
    
 (3)パソコンとして利用もできます
   ・アプリケーションが豊富な Windows OS もオプションとして使用できます
   ・コンパイラー等を開発ツールを装備しているので、ご自分でオリジナルアプリケーションを
    開発することもできます。



<本件に関するお問い合わせ先>
JCC 日本電算機株式会社
マーケティング部
鈴木千明 (Chiaki Suzuki )
TEL 03-3864-5511  FAX 03-3864-8460
電子メール suzuki@jcc.co.jp
ホームページ http://www.jcc.co.jp/

関連URL:http://www.jcc.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品
業種
サービス業



注目ワード
敬老の日
月見
シルバーウィーク
台風
運動会
ピンクリボン
文化祭