九州陶磁文化館「新収蔵品展」を開催します



新収蔵品展では、平成22年度に寄贈を受け、新たに館蔵品となった陶磁器作品など223件282点をご紹介します。

特に今回は、唐津焼の象嵌花文大鉢(ぞうがんはなもんおおばち)(三島手(みしまで))や古伊万里様式の色絵楼閣山水文大皿(いろえろうかくさんすいもんおおざら)など肥前の陶磁器、壺屋焼の鉄絵染付花文碗(てつえそめつけはなもんわん)など九州の陶磁器、明治の有田焼の色絵牡丹桐鳳凰文大壺(いろえぼたんきりほうおうもんおおつぼ)、丹波焼の焼締壺(やきしめつぼ)、中国の色絵牡丹透垣文扇形皿(いろえぼたんすきがきもんおおぎがたさら)などさまざまな陶磁器をお楽しみいただけます。

また、13代今泉今右衛門(いまいずみいまえもん)(1926~2001)の「色絵吹墨草花文額皿(いろえふきずみそうかもんがくざら)」や村島雪山(むらしませつざん)(1929~ )の「白磁桔梗渕剣先地文椿梅竹絵花瓶(はくじききょうふちけんざきじもんつばきうめたけえかびん)」などの現代作品や書家・織田独灯(おだどくとう)(良範)(1950~ )の書額「土(つち)と炎(ほのお)」もご紹介します。


○会場  
 佐賀県立九州陶磁文化館 第2展示室
 〒844-8585 佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙 3100-1

○会期
 平成23年5月14日(土曜日)~6月12日(日曜日) 
 ※毎週月曜日は休館します。

○開館時間 9時から17時まで

○観覧料  無料

○展示解説  
 5月28日(土曜日) 14時~15時
 ※学芸員による展示解説を行います。(無料)

○展示内容  
 肥前・唐津焼の陶器 24件 24点
 肥前・古伊万里様式の磁器 22件 22点
 九州の陶磁(長崎・福岡・熊本・鹿児島・沖縄) 44件 58点
 明治以降の陶磁器(佐賀) 30件 50点
 九州以外の陶磁器(近世・近代) 50件 72点
 中国・朝鮮・アジアなどの陶磁器 44件 47点
 現代作家作品(陶磁器、書) 9件  9点

 計  223件282点

○主催
 佐賀県立九州陶磁文化館



【お問い合わせ】
佐賀県立九州陶磁文化館 学芸課
電話:0955-43-3681
E-mail: uji-akira@pref.saga.lg.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災