日本電気株式会社


【NEC報道資料】多彩なTV機能の搭載や節電への配慮など "安心""簡単""快適"を追求 個人向けパソコン「LaVie」「VALUESTAR」のラインアップを一新
~スリム・オールインワンノート「LaVie S」では、新デザインの採用や使いやすさを向上~



LaVie L LL750/ES6R

LaVie L LL750/ES6R

※本リリースは、日本電気株式会社、NECパーソナルプロダクツ株式会社の共同リリースです。

2011年5月16日

新商品に関する情報(121ware)
http://121ware.com/catalog/

NEC Directでの販売
http://www.necdirect.jp/


NECならびにNECパーソナルプロダクツは、個人向けパソコン「LaVie」「VALUESTAR」シリーズ7タイプ47モデルを商品化し、本年5月19日から発売します。
新商品では、家庭でパソコンの買い替えが進む中、NECの従来からの取り組みである「パソコンを"安心""簡単""快適"に利用できる環境の提供」をさらに推し進め、本年7月24日の地上デジタル放送への移行や家庭での節電対策などに考慮し、次の強化を行いました。

■1台4役(パソコン、テレビ、レコーダ、オーディオ)のTVモデルを強化し、デジタル放送や映像を楽しむ際の利便性をさらに向上
 □最大約12倍の長時間録画(注1)や2番組同時長時間録画機能を新規搭載
 □ワイヤレスTVモデルで、新たに「ひかりTV」に対応
 □デジタル放送の3D立体表示など3D対応モデルを強化
 □パソコンとして国内で初めて「e-move(TM)」に対応し、市販のブルーレイタイトルを携帯機器で外出先へ持ち出して鑑賞できる環境を提供(注2)

■消費電力の低減やECO対応機能の搭載など家庭の節電対応のさらなる推進
 □Windows(R) XPを搭載した5年前の当社従来機と比べ、高性能/高機能化を実現しながら、消費電力を約60%低減。(注3)
 □消費電力の推移をグラフ化し、節電状況をひと目で確認できる「ECOみえグラフ」搭載機種を拡大。(3タイプ26モデル、従来は2タイプ19モデル)
 □消費電力を節約するモードへ切り替えられる「ECOボタン」を搭載(注4)

■スリムノート「LaVie S」のデザインを一新し、使いやすさを向上(注5)
 □スタイリッシュなデザインを追求しながら操作性も向上
 □高輝度液晶やワンタッチスタートボタンの搭載により使いやすさを向上

■動画ナビやバックアップソフトを強化し、安心して利用できる環境を提供
 □動画で使い方や設定方法を学べる「動画ナビ」を2種類から5種類へ拡充
 □バックアップソフト「おてがるバックアップ」の操作性を向上


新商品の主な特長は次の通りです。

1・デジタル放送や映像を快適に楽しめるよう利便性を向上したTVモデル
(VALUESTAR N:VN790/ES・VN770/ES、VALUESTAR W:VW970/ES・VW770/ES、LaVie L:LL770/ES、LaVie M:LM570/ES)

パソコン、液晶テレビ、レコーダ、オーディオの4役を1台でコンパクトに設置して利用できるTVモデルでは次の機能を強化。


(1)最大約12倍の長時間録画やBDXL(TM)に新規対応 (VALUESTAR W)(注1)
約12倍の長時間録画機能により、内蔵ハードディスクにフルハイビジョン解像度のまま最大約2,164時間分の録画を行うことができ、1つのTVチャンネルを約3ヶ月分録画しておくことも可能。(注6)

さらに、ディスク1枚に従来比4倍の約100GBの大容量データを保存可能なBDXL(TM)対応ブルーレイディスクを利用すれば、地上デジタル放送をハイビジョン画質そのままで約12時間保存することができ、1時間の連続ドラマを初回から最終話まで保存することも可能。(注7)

また、「VALUESTAR W」「VALUESTAR N」では2番組同時長時間録画にも新規対応。

(2)ワイヤレスTVモデルでも「ひかりTV」に対応
(LL770/ES、LM570/ES)
パソコン本体にアンテナケーブルを接続せずに家の中の好きな場所で、地上・BS・110度CSデジタル放送に加え、NTTのフレッツ光回線を利用した映像配信サービス「ひかりTV」のコンテンツも楽しむことが可能。(注8)

また、「LL770/ES」ではデジタル放送の大容量データを無線LANでも安定して送信するNEC独自の技術によりフルハイビジョンの解像度で映像を視聴することも可能。

(3)3D表示機能を強化し、3D立体表示で楽しめるコンテンツを拡大
(3D対応モデル:LL770/ES、VW970/ES、VN790/ES、VL750/ES)
家庭内の他の部屋にある3D非対応のレコーダやPCに3D番組を録画してホームネットワーク経由で3D立体表示を楽しめる機能に対応。(注9)

さらに、2D-3D変換表示機能においては、従来のDVDや写真/ビデオカメラ映像に加え、新たに2DのTV番組(注10)やブルーレイタイトルに対応し、デジタル放送をはじめ家庭内の様々な映像コンテンツを臨場感ある3D立体表示で楽しむことが可能。(注11)

これら強化機能と次の従来機能を含めたパソコンの多彩なTV機能により、デジタル放送を時間や場所にとらわれず個人の行動に合わせて便利で快適に楽しめる環境を提供。

 □「WEB検索」機能によりTV番組視聴中に番組/出演者/主題歌の情報を検索
 □「おまかせ録画」「新番組おまかせ録画」「シリーズ録画」機能により、見たいTV番組を自動録画(注12)
 □「外付けハードディスク録画」機能により残りのハードディスク容量を気にせず録画(注13)
 □「番組簡易編集」機能により本編だけをブルーレイやDVDに保存
 □「外でもVIDEO」機能により携帯電話やスマートフォンなどで録画番組視聴
 □「DLNAおよびDTCP-IP対応」によりホームネットワーク内の他の部屋にあるPCやレコーダと録画番組を共有(注9)

(4)パソコンとして国内で初めて「e-move(TM)」に対応(注2)

TVモデルを含めブルーレイドライブ搭載の全モデル(5タイプ28モデル)で、 「e-move(TM)」に対応しAV機能を強化。市販のブルーレイタイトルに収録されている携帯機器向け映像データを、SDカードに転送して携帯電話やスマートフォン、カーナビなどで外出先に持ち出し鑑賞することが可能。(注14)

録画したTV番組を外出先で視聴できる「外でもVIDEO」機能と合わせて、映像コンテンツを好きな時に好きな場所で楽しめる環境を提供。
映像データをSDカードに転送する際、インターネット上で著作権管理上の認証が必要となり、この認証機能をパソコンとして国内で初めて搭載。


2・節電へ配慮し、消費電力の低減など省エネ化のさらなる推進

(1)高性能/高機能化を図りながら低消費電力を実現
新商品では、省電力に優れた第2世代インテル(R) Core(TM) プロセッサー・ファミリーやLED液晶、NEC独自の「ECOモード」などの採用により(注15)、5年前の当社従来商品(Windows(R) XP搭載)に比べ、高機能、高性能化を図りながら消費電力を約60%低減。

<消費電力(標準)比較>(注16)
ノートPC
LaVie L  :LL750/ES 2011.5発表 約18W
LaVie L  :LL750/GD 2006.8発表 約46W
一体型パソコン
VALUESTAR N:VN770/ES 2011.5発表 約38W
VAELUSTAR S:VS700/GD 2006.8発表 約98W

さらに、新商品全モデルで省エネ法2011年度基準の目標値を達成し、家庭における省エネ対応に貢献。

(2)節電、省エネ行動をサポートする「ECOみえグラフ」の搭載機種を拡大
現在の消費電力やこれまでの消費電力推移をグラフ化し、節電状況をひと目で確認できるソフトウェア「ECOみえグラフ」を従来のLaVie L、LaVie Mに加え、LaVie S(注17)にも搭載。(合計3タイプ26モデル)
節電状況の見える化によりユーザの節電意欲を向上。

(3)消費電力を節約モードへスムーズに切り替えられる「ECOボタン」を搭載
LaVie L、VALUESTAR W、VALUESTAR N、VALUESTAR Lでは、液晶の輝度を下げるなどワンタッチで消費電力を節約するECOモードに切り替えられる「ECOボタン」を本体またはキーボードに搭載。

また、LaVie S(注17)、LaVie M、LaVie Lightでは、キーボードの2つのキーを同時に押下することでECOモードへの切り替えが可能。(注18)

ECOモード選択時には、出荷時設定の標準状態から約10~29%消費電力を低減することができ、手軽に節電を行える環境を提供。(注19)


3・デザインを一新し、使いやすさを向上したオールインワンノート「LaVie S」
(LS550/ES、LS350/ES)

(1)スタイリッシュなデザインを追求しながら操作性も向上
手軽でシンプルに使いこなせる家庭のメインPCのコンセプトを継承し、35mm以下の薄型筐体を維持しながら、曲線による滑らかなデザインを採用。
弧形のパームレストをキーボード面よりも高く配置することでキー入力時の操作性を向上。

さらに、スライドパッドでは、パームレストとの境界部分を目立たなくすることで一体感を持たせながら、スライドパッドの存在を指の感触で確認でき、指を滑らかに動かせるよう表面に凹凸加工を採用。

また、シャンパンゴールド、ルミナスレッド、エクストラホワイト、スターリーブラックと光沢仕上げの艶やかな4色のバリエーションを用意。

(2)ワンタッチスタートボタンの搭載など使いやすさを向上
インターネットや電子メールなど普段よく使うソフトをボタンひとつで手軽に起動できる便利な「ワンタッチスタートボタン」や最大5Gbpsの高速データ転送(注20)を実現するUSB 3.0端子を新規搭載。

また、PC本体に直接ケーブルを接続せずに、PCの映像を大画面液晶TVに表示できる「インテル(R) ワイヤレス・ディスプレイ」(注21)にも対応。

さらに、LS550/ESでは液晶に明るく鮮やかで消費電力も少ないスーパーシャインビューLED-EX2液晶を新規採用し、LS350/ESではブルーレイディスクドライブを新たに搭載。

これらにより、家庭のメインPCとして、快適に使いこなせる環境を提供。


4・動画ナビやバックアップソフトの強化により安心して利用できる環境を提供

(1)動画で使い方や設定方法を学べる「動画ナビ」の拡充
購入時の設定やアプリケーションの使い方、セキュリティ対策などを動画でわかり易く解説する「動画ナビ」を拡充。
従来の「データ引っ越し」「はがき作成」に加え、次の3種類を追加。
 □インターネットの接続方法や種類、無線/有線LANの設定などを解説
 □インターネット上の脅威やセキュリティ対策の必要性などを紹介
 □「Yahoo!ツールバー」の便利な使い方や設定方法を解説

なお、動画ナビの他にパソコンの基本操作や「Microsoft(R) Office 2010」の使い方を動画で体験しながら学べる「パソコンのいろは4」も搭載。

(2)バックアップソフト「おてがるバックアップ」の使い勝手を向上
バックアップしたいデータを予め設定する際に、個人データに加えインターネットエクスプローラーの各種設定もジャンル毎にアイコンで選択できるよう強化。

ソフトウェア起動後1クリックでバックアップを実行できる本ソフトにおいて、設定時の操作も簡略化し、簡単に操作できるバックアップ環境を提供。




なお、PCショッピングサイト「NEC Direct」では、より高性能、高機能を求めるユーザに向けて以下の幅広いメニューを用意。

■パソコン本体へアンテナケーブルを接続せずにデジタル放送を楽しめるワイヤレスTVデジタルを用意(注22)
「VALUESTAR G タイプN」「LaVie G タイプL、タイプS(p)、タイプM」

■OSやアプリケーションの起動時間の高速化に貢献するSSDとHDDのハイブリッド構成を用意(注23)
「VALUESTAR G タイプW、タイプL」「LaVie G タイプL、タイプM」

■BDXL(TM)対応ブルーレイディスクドライブを用意
「VALUESTAR G タイプN、タイプW」

■15.6型ワイドフルHD スーパーシャインビューLED液晶を用意
「LaVie G タイプL」


また、NECのパソコンのCMキャラクターである玉木宏さんおよびAKB48のスピンアウトユニット(グループ内ユニット)「渡り廊下走り隊」出演による本商品を対象にしたTV-CM「VALUESTAR N」"1台4役"篇、および「LaVie L」"アンテナケーブル不要"篇を5月20日(金)より全国でオンエアします。

新商品のラインアップ、発売日、TV-CM等については別紙をご参照ください。

【別紙1】店頭販売モデル 発売日一覧
http://www.nec.co.jp/press/ja/1105/images/1602-01-01.pdf
【別紙2】本体オプション
http://www.nec.co.jp/press/ja/1105/images/1602-01-02.pdf
【別紙3】Web直販 NEC Directモデルの概要
http://www.nec.co.jp/press/ja/1105/images/1602-01-03.pdf
【別紙4】新TV-CMについて
http://www.nec.co.jp/press/ja/1105/images/1602-01-04.pdf

以上


新商品に関する情報(121ware)
http://121ware.com/catalog/

NEC Directでの販売
http://www.necdirect.jp/

本件に関するお客様からの問い合わせ先
NEC 121コンタクトセンター
電話番号:フリーコール 0120-977-121(コール後「3」窓口を選択)
受付時間:9:00~17:00(年中無休)
※携帯電話、PHSまたはIP電話などフリーコールをご利用いただけない場合は、03-6670-6000(通話料お客様負担)



(注1)
長時間録画は、「ダイレクトモード」で録画した場合の録画時間との比較。約12倍の長時間録画が可能なのは、BS・110度CSデジタル放送の場合。地上デジタル放送では、約8倍録画となります。VALUESTAR Wが対象。
(注2)
2011年4月末現在、e-move(TM)に対応したパソコンの商品化が国内初。
ブルーレイディスクドライブを搭載した5タイプ28モデルが対象。(ブルーレイディスクドライブ非搭載のTVモデル
LM570/ES、LL370/ES、VN370/ESは対象外)
e-move(TM)に対応したブルーレイタイトルが対象。ブルーレイタイトルからSDカードへモバイル機器用の映像データを転送することで携帯機器での視聴が可能。
(注3)
ノート型 LaVie L(LL750/ES:新商品)と2006.8発表LaVie L(LL750/GD)、および、一体型
VALUESTAR N(VN770/ES:新商品)と2006.8発表 VALUESTAR S(VS700/GD)で比較。
(注4)
ECOボタンは、LaVie L、VALUESTAR W、VALUESTAR N、VALUESTAR Lに搭載。LS550/ES、LS350/ES、LaVie M、LaVie Lightでは、キーボードの2つのキーを同時に押下することでECOボタンと同等機能を実現。
(注5)
LS550/ES、LS350/ESが対象、LS150/ESは除く。
(注6)
最大録画時間約2,164時間はVW770/ESの場合、VW970/ESでは約2,154時間。録画可能時間は、出荷時のハードディスク空き容量(CドライブとDドライブの合計)に録画した場合の目安時間です。実際の録画時間やTVソフトに表示される録画可能時間と一致しない場合があります。
(注7)
BDXL(TM)対応ブルーレイディスクの容量は、従来のブルーレイディスク容量25GB(1層)との比較で約4倍。
連続ドラマは、ワンクール(3ヶ月間、全12話)を想定した場合。BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ放送の場合は約8時間30分。BD-RE XL(3層)の対応に関しては、ホームページ( http://121ware.com/)をご確認ください。
(注8)
アンテナケーブルは、標準添付のワイヤレスTVデジタルユニットに接続します。視聴・録画可能な部屋、場所は、建物の構造や材質、障害物、設置状況、電波状況により異なります。
「ひかりTV」の利用には、(株)NTTぷらら、(株)アイキャストとの契約およびNTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線の契約が必要となります。本モデルでは、視聴できないチャンネル/ビデオ作品があります。「ひかりTV」のサービスは録画できません。地上デジタル放送のIP再送信サービスはご覧頂けません。
その他詳細は、NTTぷらら「ひかりTV」ホームページ http://www.hikaritv.net をご確認ください。
(注9)
各機器が、DLNAおよびDTCP-IPに対応している必要があります。動作確認済みの情報機器につきましては、 http://121ware.com/catalog/taioukiki/ をご覧ください。
(注10)
VL750/ESを除く
(注11)
3D効果は映像により差があり、感じ方にも個人差があります。
(注12)
事前に条件などの設定が必要。
(注13)
動作確認済みの情報機器につきましては、 http://121ware.com/catalog/taioukiki/ をご覧ください。
(注14)
ブルーレイタイトルからSDカードへのデータ転送時には、インターネット接続が必要となります。
動作確認済みの携帯機器につきましては、 http://121ware.com/catalog/taioukiki/ をご覧ください。
(注15)
第2世代インテル(R) Core(TM) プロセッサーは、LL370/ES、LS150/ES、LaVie M、LaVie Light、VN370/ESには非搭載。LED液晶は、VALUESTAR Lに添付のディスプレイでは非採用。
(注16)
消費電力(標準)は、出荷構成(添付品、周辺機器の接続なし)でOSを起動させた状態での測定値。
(注17)
LS150/ESを除く
(注18)
「Fn」キーと「F4」キーを同時に押下。
(注19)
出荷時設定の標準状態は、出荷構成(添付品、周辺機器の接続なし)でOSを起動させた状態。
消費電力が約29%低減するのはVW770/ESの場合。測定値は当社調べ。
(注20)
5Gbpsは理論値。
(注21)
パソコン本体の映像に比べ1秒弱の表示遅延があります。著作権保護の方式により表示できない動画コンテンツがあります。高画質の映像によってはカクついて見える場合があります。別売のインテル(R) ワイヤレス・ディスプレイ用アダプタが必要です。
(注22)
アンテナケーブルは、ワイヤレスTVデジタルユニットに接続します。視聴・録画可能な部屋、場所は、建物の構造や材質、障害物、設置状況、電波状況により異なります。
(注23)
OSを格納したSSDと大容量HDDを併せて搭載
記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • LaVie L LL750/ES6R LaVie L LL750/ES6R
  • LaVie S LS550/ES6G LaVie S LS550/ES6G
  • VALUESTAR W VW770/ES6R VALUESTAR W VW770/ES6R
  • VALUESTAR N VN770/ES6R VALUESTAR N VN770/ES6R


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
ボーナス
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴