株式会社日本ブレインウェア


『Vine Linux の最新安定版「Vine Linux 6 CR」を本日より発売開始』



株式会社日本ブレインウェア(本社:東京都豊島区 代表取締役 伊東久雄)とProject Vine(代表:鈴木大輔)(*1) は、使いやすい日本語環境を提供する商用Linuxディストリビューション「Vine Linux 6CR」を本日より発売します。

(*1)Project Vine は法人格を持たない任意団体であるため、有限会社ヴァインカーブがリリースに関わる諸業務の代行を行います。


【Vine Linux 6CRの特徴】
1)日本語入力システムの刷新
  ibus + Mozc を採用

2)対応アーキテクチャの変更
  対象 CPU を i686 (Pentium Proクラス) 以上でパッケージを最適化

3)デフォルトファイルシステムの変更
  標準のファイルシステムが ext3 から ext4 を採用

4)セキュリティに関する変更
  インストーラで作成した一般ユーザアカウントに標準で sudo権限を付与

5)軽量・高速
  起動時のメモリ消費量を軽減、起動時間を短縮

6)安定性の向上
  ハードウエア対応の強化およびハイバネーションの安定化

7)各種自動設定
  udev によるハードウエア自動設定とX11 server 1.10 による X の自動設定

8)ルック & フィールの改善
  (1)アイコンテーマの改良
  (2)GNOMEデスクトップ
  (3)GNOME デスクトップの下部パネルを上部パネルに統合
  (4)TrueType フォント リコー社製 8 書体を採用
    LXゴシック,LXゴシックE,LX創英角ゴシックUB,LX明朝,LX丸ゴシック,LX丸ゴシックB,LX創英角ポップ,LX正楷書体
  (5)TrueType フォント ダイナフォント5 書体を採用
    DF中太丸ゴシック体,DF極太明朝体,DFまるもじRDW7,DFPOPステンシルW7,DFフリー流葉

9)開発支援ツール
  vbootstrap および vbuilder を採用

10)パッケージ管理ツール・機構
  (1)アップデートマネージャ - update-watch
  (2)おすすめパッケージの簡易インストール - vine-app-install
  (3)自動パッケージ生成 - self-build
  (4)商用パッケージの自動取得インストール - install-assist
  (5)動的なカーネルモジュール生成 - dkms
  (6)パッケージ管理ツール - rpm + apt および synaptic

11)商用アプリケーション
  (1)Adobe Reader 9.4
  (2)Adobe Flash Player 10.3

12)オフィススイートの収録
  LibreOffice 3.4

13)サポートサービス
  30日間のインストールメールサポートサービスが付属しています。


【推奨使用環境】
■i686 (32bit) バージョン
・CPU
i686の命令セットをもつ CPU (VIA C3 を除く Pentium III 以降を推奨)

■x86_64 (64bit) バージョン
・CPU
64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャのCPU
(Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7,i5,i3など)

■i686, x86_64 共通
・メモリ
1GB以上

・HDD
7GB以上(フルインストール時)


【販売価格】
ダウンロード版販売価格 \5,980-(税込)
DVD版販売価格 \8,080-(税込)

【関連URL】
・Vine Linux 商品案内ページ
 http://www.n-brain.co.jp/vine/
・Vine Linux 公式ページ
 http://vinelinux.org/
・株式会社日本ブレインウェア
 http://www.n-brain.co.jp/
・有限会社ヴァインカーブ
 http://vinecaves.com/


【本件に関するお問い合わせ先】
 株式会社日本ブレインウェア 
 E-Mail:pr@n-brain.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災