株式会社グローバルインフォメーション


2020年における世界の高温エネルギー貯蔵市場は、25億米ドル規模





株式会社グローバルインフォメーションは、SBIが発行した報告書「High Temperature Energy Storage: NaS, NaMx and Molten Salt (高温エネルギー貯蔵技術:NaS、NaMx、融解塩)」の販売を開始しました。

エネルギー貯蔵は、スマートグリッド送電や配電の発展・最適化、および発電における再生可能エネルギーの統合において重要な成長市場です。ナトリウム硫黄 (NaS)、ナトリウム金属ハロゲン化物 (NaMx)および溶融塩熱エネルギー貯蔵 (TES) を含む高温エネルギー貯蔵技術 (HTS) は、ユーティリティ規模の大規模なエネルギー貯蔵における主力技術として注目を集めています。

ステーショナリー・バッテリー・アプリケーションおよび配電網アプリケーションのための大規模なエネルギー貯蔵が、今後10年間に目覚しく発展する2つの分野になると市場調査会社SBIによる当報告書「高温エネルギー貯蔵技術:NaS、NaMx、融解塩」では、分析しています。高温エネルギー貯蔵市場は、こういったアプリケーションとともに 発展してくと予測されています

融解塩TESシステムは2010年、高温エネルギー貯蔵において最大の分野となりました。 2020年における世界の高温エネルギー貯蔵市場は、25億米ドル規模となりますが、そのほとんどを集光型太陽熱発電 (CSP) 施設のための融解塩貯蔵システムの販売、建設が占めると推定されます。

融解塩TESシステムの売上げ成長は、世界におけるCSP市場の発展に完全に依存しています。幸いにも、再生可能エネルギー源およびグリッドエネルギー貯蔵に関する法律や規制は非常に有利となっています。2013年までに、米国はスペインに代わり、熱エネルギー貯蔵において最大の市場となり、2015 年までには、スペインより多くの融解塩TESが米国に配備されるでしょう。両国は2020年まで、引き続きCSP施設の建設によって、発展市場となると予測されています。ただし、2020年までには、アラブ首長国連邦やサウジアラビアなどの他の国々も、融解塩TES市場に大きな貢献をすることとなるでしょう。

高温エネルギー貯蔵技術:NaS、NaMx、融解塩
High Temperature Energy Storage: NaS, NaMx and Molten Salt
http://www.gii.co.jp/report/sbi207697-high-temperature-energy-storage-nas-namx-molten.html
出版日 2011年08月
発行: SBI

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/energy_report.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/sbi207697-high-temperature-energy-storage-nas-namx-molten.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


注目ワード
ボーナス
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴