株式会社グローバルインフォメーション


北極圏での石油・ガス探査及び生産の市場は2011年には119億3000万ドルになる




株式会社グローバルインフォメーションは、ビジョンゲインが発行した報告書「The Arctic Oil & Gas Exploration & Production (E&P) Market 2011-2021 (北極圏石油・ガス探査および生産(E&P)市場:2011~2021年)」の販売を開始しました。

北極圏は石油とガスの探査に関しましては、最後の辺境といわれています。北極圏における石油とガスの生産は何年も行われてきていますが、北極圏に関心を呼んだ膨大な油田、ガス田は衰退しています。石油価格の高騰が、この地域のE&P(探査&生産)への投資を後押ししています。その焦点は陸域から海域へと徐々に移りつつあります。北極圏における石油埋蔵量は膨大であると推定されており、北極の厳しい環境に対応する技術の向上もあいまって、ここ数年間でこの領域を探検する企業がより多くなっています。ヴィジョン・ゲインは北極の石油とガスの探査と生産の市場を2011年時点で119億3000万ドルと見積もっており、今後10年間でさらに成長すると予想しています。

北極圏は計り知れぬ可能性を持ちます。アメリカ地質調査所(USGS)は北極圏における未発見石油埋蔵量を900億バレル、未発見ガス埋蔵量を1668兆立方フィートと推定しています。開発の最適化には計画的かつ慎重な姿勢が重要です。北極圏の地質学的データの透明性は低く、石油・ガスの探査及び生産は最も経験を積んだ企業だけ完遂することができるハイリスク・ハイリターンの冒険的事業となるでしょう。

当レポートは、北極圏における石油とガスのE&P(探査&生産)市場の現在、そして将来の発展について陸上と海底での成長予測含めてご提供致します。北極における主要な石油とガス産出国の予測も含まれています。国別に綿密な分析を行い、それぞれに固有な成長要因や限定要因を解説しています。当レポートは、北極でのE&P(探査&生産)市場の発展、業界に影響をもたらす要素を、64のテーブルとチャートを用いて詳述しております。北極でのE&P(探査&生産)事業を牽引する企業のプロフィールと有意義なプロジェクトに関する解説も含まれています。

北極圏石油・ガス探査および生産(E&P)市場:2011~2021年
The Arctic Oil & Gas Exploration & Production (E&P) Market 2011-2021
http://www.gii.co.jp/report/kt210235-arctic-oil-gas-exploration-production-e-p-market.html
出版日 2011年09月
発行: ビジョンゲイン

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/EN13_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/kt210235-arctic-oil-gas-exploration-production-e-p-market.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


注目ワード
ボーナス
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴