ICT教育の未来を考える佐賀セミナーを開催します



 ICT(情報通信技術)は、特別な支援を必要とする子どもたちの障がいの状態や特性等に応じて活用することで、子どもたちに対する各教科や自立活動の指導効果を高める極めて有効な手法です。
 県教育委員会では、今年度から全県規模で「先進的ICT利活用教育推進事業」に取り組んでおり、その一環として特別支援教育におけるICTの利活用については、東京大学先端科学技術研究センターとの連携の下、障がいのある幼児児童生徒の学習を支援する「学習のバリアフリー」を促進することを目指し、県立ろう学校及び県立金立特別支援学校において、情報端末を活用した事例研究(魔法のふでばこプロジェクト)を行っています。
 ついては、下記のとおり、東京大学との共催によるセミナーを開催しますのでお知らせします。


「ICT教育の未来を考える佐賀セミナー」
(サブタイトル)『IT(情報技術)があれば学習出来る子どもたち・・・佐賀からスタートする新しい支援教育』


1 開催日 平成23年10月10日(月、体育の日)

2 主 催 東京大学先端科学技術研究センター・佐賀県教育委員会

3 協 賛 日本マイクロソフト・ソフトバンクグループ

4 会 場 アバンセホール(佐賀県立生涯学習センター)

5 定員等 300名(参加費、無料)

6 プログラム
(1) 9時30分-10時20分 一般受付
(2)10時20分-10時30分 開会・主催者挨拶  佐賀県教育委員会 教育長 川﨑 俊広
(3)10時30分-11時 
  ・講演1「IT社会が変える障がいと教育」
  ・講 師 東京大学先端科学技術研究センター 教授 中邑賢龍(なかむらけんりゅう)
(4)11時-12時
  ・講演2「身近にあるテクノロジーで学習の困難な子どもを支える」
  ・講 師:東京大学先端科学技術研究センター 教授 中邑 賢龍
       同センター 特任講師  近藤 武夫(こんどうたけお)
(5)12時-13時 休憩(※)
(6)13時-13時30分
  ・講演3「学習の困難な子どものための支援システムの開発」
  ・講 師:佐賀大学 教授  園田 貴章(そのだたかあき)
         同大  准教授 岡崎 泰久(おかざきやすひさ)
(7)13時30分-15時 シンポジウム
  ・「テクノロジーを活用した子どもたちへの合理的配慮を考える -試験を事例にして-」
(8)15時 閉会


(備考)

※セミナーと並行して(12時-15時)、学習支援機器の展示と東京大学読み書き相談室「こころ」の専門家による相談会と機器展示が開催されます。


(参考)
東京セミナー「障害のある子どもの高校入試を考える」シンポジウム
1 開催日 平成23年10月22日(土曜日)13時~16時15分
2 主催  東京大学先端科学技術研究センター・佐賀県
3 会場  東京大学安田講堂

【お問い合わせ】
教育政策課教育情報化推進室
電話:0952-25-7222
E-mail: morita-naomasa@pref.saga.lg.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル