株式会社グローバルインフォメーション


マルチスクリーンが有料テレビ向けCAS/DRM市場をけん引、2016年には25億米ドルへ: 収益源はCASからDRMへ移行



株式会社グローバル インフォメーションは、ABIリサーチが発行した報告書「Conditional Access and Digital Rights Management for Pay TV Markets - Cable, Telco, Satellite, Terrestrial and Multiscreen (有料テレビ市場向けの限定受信システムとデジタル著作権管理:ケーブルテレビ、通信事業者、衛星放送、地上波、マルチスクリーン)」の販売を開始しました。

ケーブル、衛星、地上波放送による有料テレビは、コンテンツ保護として2つの異なる方式を使用しています。従来の限定受信システム(CAS)は、セットトップボックスに配信されたコンテンツや、ビデオオンデマンド(VOD)といった追加コンテンツを保護します。一方、デジタル著作権管理(DRM)技術は、タブレット、スマートフォン、コネクテッドテレビを含むマルチスクリーンデバイスへ配信されたコンテツンツの保護に使用されています。世界の有料テレビ向けCASおよびDRM市場は、2011年の22億米ドルの市場規模から比較的穏やかに15%で成長し、2016年には25億米ドルになると予測されています。しかし、収益源としては、CASシステムからDRM技術への大きな転換が起こる予定で、DRMの市場シェアは2011年には47%でしたが、2016年には59%にまで拡大する見通しです。

世界における主要ベンダー(管理ボックス数に基づく)には、NagraやNDS およびMotorolaが含まれます。アジアにおけるケーブルプラットフォームの強力なデジタル化を背景に、China Digital TVが最近Ciscoを追い抜き4位となりました。DRM部門では、GoogleのWidevineやMicrosoftの PlayReadyおよびSilverlightが市場を先導しています。

「CASベンダーは、マルチスクリーン配信用コンテンツの保護に努めるとともに、自社開発のソリューションが通信会社のIPTVプラットフォームとして採用されるよう努力しています。DNSは自社のCAS顧客向けのDRM技術としてVideoGuard Connectというソリューションを最近発表し、他社への顧客流出を防ごうとしています。Motorolaは、同様の理由により、昨年SecureMediaを買収しました。」と、デジタルホーム部門のシニアアナリストSam Rosenは話します。「もしGoogleがWidevine DRMとMotorola のMediaCipherを統合し、通信事業者へ売り込むことができた暁には、非常に競争力のあるソリューションを持つことになるでしょう。」

有料テレビ市場向けの限定受信システムとデジタル著作権管理:ケーブルテレビ、通信事業者、衛星放送、地上波、マルチスクリーン
Conditional Access and Digital Rights Management for Pay TV Markets - Cable, Telco, Satellite, Terrestrial and Multiscreen

http://www.gii.co.jp/report/ab215080-conditional-access-digital-rights-management-pay.html
出版日 2011年09月
発行: ABIリサーチ

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/TL22_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/ab215080-conditional-access-digital-rights-management-pay.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り