株式会社Jストリーム


マイボイスコムとJストリームがポッドキャストの利用に関する共同調査を実施
〜ポッドキャストの認知率16%、利用率は3%〜
iTunesでの利用が7割。コンテンツの充実に期待



項目1

項目1

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)と株式会社Jストリーム(マザーズ:4308、代表取締役社長:白石 清)は、『ポッドキャストの利用』について共同調査し、2005年11月1日〜5日に15,525件の回答を集めました。本調査結果について発表いたします。

■調査結果
【ポッドキャストについて】
ブログなどに使われているインターネットのRSS(Rich Site Summary)技術を利用し、RSSでテキスト情報を流す際に音声データへのリンク情報も含めることで対応したアプリケーションが新着情報の通知を受信し、自動的に音声データをダウンロード、各種デジタル音楽プレイヤーに登録する仕組み。リスナーは自分のPCで好みの番組のRSSを登録することで、自動的に番組が受信できる。

【まとめ】
MP3プレイヤーの所有率は21.5%で、今後更に普及はすすむものと思われますが、従来の「音楽聴取ツール」としての役割に加え、さらに新しい活用方法として期待されているのが「ポッドキャスト」です。今回アンケートでの利用率は3%、認知率は16%で、発祥のアメリカに比べると、コンテンツ数はまだまだ少なく、コンテンツのラインナップ不足や使い勝手の不便さが指摘されるなど、現状では試行錯誤の段階といえます。しかしながら、ビデオポッドキャストの視聴に興味を持つ人が2割など関心も高く、技術面での課題解決やサービス事業者の参入により認知・利用は高まるものと思われ、今後の展開への期待は高いといえます。

◆ポータブルMP3プレイヤー所有率は21.5%。男性、若年層で高い所有率
 ポータブルMP3プレイヤーを「持っている」と回答したのは21.5%。これを男女別にみると、男性は29.6%、女性は16.2%となっています。また、年代別では10代33.8%、20代29.4%と、男性、若年層での所有率が高くなっています。MyVoiceで1999年に行った自主調査では、所有率は2%(「購入したいと思うか」の質問に対し、「既に所有している」2%)となっており、6年間で10倍以上の伸び率です。

◆ポッドキャストは認知率16%、利用率3%。
ポッドキャストについては、MP3プレイヤーでの聴取、PCでの聴取、コンテンツの作成・配信をあわせ、利用経験があるのは3%です。「知っているが利用したことはない」をあわせると、約16%がポッドキャストを認知しています。MP3プレイヤーの所有率と同様、ポッドキャストの認知・利用率についても、男性、若年層で高くなっています。

◆iTunesでの利用が7割。コンテンツの充実が期待される
よく利用するコンテンツサイトは、「iTunesMusicStore」が73.5%を占め、次点以下を大きく引き離しています。自由記述によるポッドキャストへの不満を見ると、「コンテンツが少ない」「音楽が聴けない」などが見られ、コンテンツの充実が望まれています。まだ黎明期といえますが、現在利用していない層も含め、【ビデオポッドキャスト】について「視聴に興味」が2割見られるなど、今後の展開への期待がうかがえます。

調査概要
【調査対象】 インターネットコミュニティ「MyVoice」の登録メンバー
【調査方法】 ウェブ形式のアンケート調査
【調査時期】 2005年11月1日〜11月5日     【回答者数】15,525名
【調査結果掲載URL】http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/8811/index.html  

調査データ(詳細別図) 
1)ポータブルMP3プレイヤーを持っている人は21.5%。
2)利用しているブランドのトップは「iPod(アップルコンピュータ)」
3)ポッドキャストの認知者は15.5%
4)ポッドキャストの登録数は、「1〜5個」が最も多く、77.8%を占める
5)よく利用するサイトは「iTunes Music Store(アップルコンピュータ)」がトップ
6)ポッドキャストコンテンツの利用頻度は週3回以下が8割強
7)ポッドキャストコンテンツを聞く理由は「面白い、興味がある」が5割超
8)ビデオポッドキャストに興味がある人は2割強

【自由回答】ポッドキャストコンテンツの視聴、作成する上での不満点
・Podcastに限らずiTunes Music Storeのコンテンツが見にくい、探しにくい、使いにくい。(男性・45歳)
・いまいち自分の求めるものと違う、自分の求めるものが見つからない。(女性・21歳)
・ダウンロード時に方法がよくわからなくて戸惑った。プレイリストを作らないと連続して聴けないのがちょっと面倒。(女性・33歳)
・まだまだコンテンツの数が少ない。(男性・47歳)
・ものめずらしさで聞いてるけど、内容的には物足りない。(女性・32歳)
・音楽が流せないこと。たとえばPodcastでアーティストが即興で演奏してくれない。どこまでも忌まわしいJASRACの影がする。また、MixテープならぬMixcastもあってもいいのだがこれはさすがに無理かもしれないが実現してほしい(男性・36歳)
・曲を知らないでCDを買うようなもので、中身がないのにやたら時間が長いのを聞いてしまったときの喪失感。(男性・38歳)
・似たようなものが非常に多くこれといったものを見つけるのが大変である。(女性・35歳)
・日本のポッドキャストは偏りが激しい。(男性・27歳)
・普通の曲などが聴けない(?)分、ラジオとの違い・よさがもっと出たらよいと思う。また、よいPodcastコンテンツを探しにくい。(女性・24歳)
・朗読を聴くのが好きなのでその分野を充実してほしい(男性・70歳)

※本リリースは、マイボイスコム及びJストリームより同一の内容を配信しております。重複して配信される場合がありましたらご容赦下さい。


<本件リリース調査結果およびマイボイスコムに関するお問い合わせ先>
マイボイスコム株式会社 業務管理グループ 広報担当:中嶋
(TEL・FAX)03-5217-1911・03-5217-1913 (Email)voice@myvoice.co.jp
(URL)www.myvoice.co.jp

■情報発信
調査結果は弊社ホームページにも掲載し、詳細な調査レポートは有料(通常36,750円税込)で販売しています。また、本テーマ以外に約500件の調査結果を公表しています。

■会社概要
マイボイスコム(株)は18万人のモニターのモニターを有し、企業の皆さまにインターネット調査を企画、設計、集計、レポート作成、ご報告までトータルにサポートしている『ネットリサーチ会社』です。  

■事業内容
ネットリサーチ、広告評価、サイト評価、リサーチレポート販売 等


<本件リリースおよびJストリームに関するお問い合わせ先> 
株式会社Jストリーム 広報IR室 担当:常冨
(Tel) 03-4363-7100  (E-mail) ir@stream.co.jp
(URL) http://www.stream.co.jp/
■事業内容
(1)インターネットや携帯電話網等を利用した、映像/音声/画像データ等の配信サービス
(2)映像/音声/画像データ等の配信に関連する各種ASPサービス
(3)映像/音声データの配信に関連するソフトウェア・ハードウェア等の開発・販売
(4)インターネットを利用した配信に関するコンサルティングサービス

■Jストリームのポッドキャスト関連サービスに関するお問合わせ先
株式会社Jストリーム (Tel) 03-4363-7000  (E-mail) sales@stream.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 項目1 項目1
  • 項目2 項目2
  • 項目3 項目3
  • 項目4 項目4
  • 項目5 項目5
  • 項目6 項目6
  • 項目7 項目7
  • 項目8 項目8
  • 性別年齢別一覧 性別年齢別一覧



注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽
運動会