コクヨ株式会社


2012年版「コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編)(ファニチャー編)」を発行
~iPad、iPhone向けにカタログアプリの無料配信も予定~



コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編、ファニチャー編)

コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編、ファニチャー編)

コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市 社長:森川 卓也)とコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市 社長:黒田 英邦)は、2012年版の「コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編)」、「コクヨ総合カタログ(ファニチャー編)」を、2012年1月1日に発行します。

「コクヨ総合カタログ」は、コクヨグループの1月から1年間の取扱商品(カスタマイズ商品を除く)を掲載するカタログで、毎年全国の法人顧客および販売店に配布しています。また、コクヨグループのホームページ上でも電子カタログ(※1)を掲載しています。
今回発刊する2012年版総合カタログでは、2011年版に引き続き、掲載している全ての自社ブランド商品に対して環境配慮を施し、エコバツゼロを継続しています(エコバツ:巻末参照)。
さらには、iPad向けに加えてiPhone向けのカタログアプリの無料配信(※2)も予定しています。

(※1)
ステーショナリー編(2011)URL :http://dl.kokuyo.co.jp/digicata/2011/stationery/
ファニチャー編(2011)URL :http://dl.kokuyo.co.jp/digicata/2011/furniture/

(※2)
アップル社より認可取得となれば、来年1月から2月にかけてステーショナリー編、ファニチャー編のカタログアプリを順次公開予定です。


2012年版「コクヨ総合カタログ」について
○発行日 :2012年1月1日
○発行部数 :ステーショナリー編 32.1万部、ファニチャー編35.1万部



<ご参考>
2007年コクヨグループは、2008年版の総合カタログから自社基準において環境配慮が足りない自社ブランドの商品についてカタログ上に「エコバツマーク」を表示し、3年間(2010年版の総合カタログまで)で「エコバツマーク」ゼロの実現を宣言しました。本年1月に発行した2011年版総合カタログでは、宣言の通り「エコバツマーク」の表示ゼロを達成しました。2012年版も引き続き、掲載している自社ブランド全商品に対して環境配慮を施しています。


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201594

関連URL:http://www.kokuyo.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編、ファニチャー編) コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編、ファニチャー編)
  • エコバツマーク エコバツマーク



注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭