株式会社グローバルインフォメーション


米国の油田化学製品需要は、2015年に136億米ドルに達する見通し



株式会社グローバル インフォメーションは、ザ・フリードニア・グループが発行した報告書「Oilfield Chemicals to 2015 (米国の油田化学製品市場:2015年および2020年の予測)」の販売を開始しました。

米国における油田化学製品の需要は、年率8.3%で成長し、2015年には136億米ドルに達すると予測されています。

2008年後半から2009年まで続いた景気後退後、原油価格の高騰と急速に進んでいるシェールガスの開発によって、市場は回復しました。

ガス価格は、これまでの基準からすると低水準で推移しています。(石油価格と比べるとかなり安価。)

しかし、これまで以上に高いレベルの油田の掘削や、既存坑井の産出量を最大化する刺激活動に対して、生産会社は投資を強化し、新しい埋蔵資源の開発に取り組んでいます。 ガス価格高騰への期待や、見込まれる膨大なシェールガス生産量が背景となっています。

成熟化が進む資源基盤から石油・ガス生産量を拡大するためには、高度の産業活動が必要となり、それが将来の油田化学製品の需要をけん引します。

油田化学製品に用いられる原料市場の潜在性は、根本的にそれらが用いられている製品市場の今後の展望に基づいています。

その結果、刺激流体に用いられる天然ガム、ポリマー、酸、界面活性剤といった原料は、最も急速に成長する見通しです。坑井刺激技術の継続的な拡大、シェール開発の持続的な成長が促進要因となるでしょう。

その一方、石油増進回収(EOR)に用いられるガスやその他の製品は、かなり成長はするもの、比較するとさほど大きな成長ではないと推定されます。

市場調査レポート: 米国の油田化学製品市場:2015年および2020年の予測
Oilfield Chemicals to 2015
http://www.gii.co.jp/report/fd224172-oilfield-chemicals-2015.html
出版日 2011年11月
発行: The Freedonia Group

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/material_report.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/fd224172-oilfield-chemicals-2015.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
バレンタインデー
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災