株式会社グローバルインフォメーション


米国の金属粉末需要は、2015年に50億米ドル規模に近づく見通し



金属粉末

金属粉末

株式会社グローバル インフォメーションは、ザ・フリードニア・グループが発行した報告書「Metal Powders to 2015 (金属粉末の米国市場 : 2015年および2020年の予測)」の販売を開始しました。

米国の金属粉末需要は、年率6.2%で拡大し、2015年には重量にして14億ポンド、金額では、48億米ドルに達する見通しです。

自動車、バッテリー、電気機器、そして機械製造といった主要産業における生産量の拡大が、金属粉末市場をけん引する見通しです。

さらに、費用性能比の向上、廃棄物の削減、より精密な公差の実現を目指して、多くのメーカーでは部品やコンポーネントの製造方法を、プレスや焼結技術に変更すると予想されます。

添加物や触媒として、金属粉末はさまざまな性能を強化します。

金属粉末コーティングが酸化や燃焼から保護に使われる一方で、金属粉添加物は耐久性、強度そして耐化学性を向上させます。

特定金属粉末は、多くの一般化学薬品を製造する際、触媒として欠かせないものとなっています。

鉄類粉末は、2010年の金属粉末市場において重量として、62%を占めています。

鉄類粉末の需要は、年率6.6%で拡大し、2015年には9億1,400万ポンド(量)に達する見通しです。

鉄や鋼鉄およびステンレススチールの粉末は、さまざまな用途に利用されています。

利用例としては、たとえば、自動車部品や化学添加物、機械のコンポーネンツなどが挙げられます。

非鉄類金属粉末には、アルミ、亜鉛、コバルト、タングステン、タンタル、そして銀、金、プラチナなどのベースメタルが含まれます。

非鉄類金属粉末の需要は、年率5.6%で成長し、2015年には5億3,100万ポンド(量)に達する見通しで、鉄類粉末の需要の成長率より低くなると予想されます。

重量としては、非鉄類金属粉末は、2010年の金属粉末市場の38%を占めるにすぎませんが、金額では80%を占めています。



市場調査レポート: 金属粉末の米国市場 : 2015年および2020年の予測
Metal Powders to 2015
http://www.gii.co.jp/report/fd225995-metal-powders-2015.html
出版日 2011年12月
発行: The Freedonia Group

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/MR06_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/fd225995-metal-powders-2015.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 金属粉末 金属粉末



注目ワード
バレンタインデー
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災