ニュースリリースの配信はこちらから

利用企業1,500 社以上(累計)、掲載本数100,000本以上!

ソーシャルメディアの本格運用を開始。Facebook、Twitter、YouTubeの公式アカウントを同時オープンします。 【日興アセットマネジメント株式会社】



日興アセットマネジメント株式会社(以下日興アセット)は、本日、Facebookページ、Twitterの公式アカウント、YouTubeの公式チャンネルを同時オープンします。

■日興アセットのソーシャルメディア公式アカウント一覧
 Facebookページ:http://www.Facebook.com/nikkoam
 Twitter公式アカウント:https://twitter.com/NikkoAMofficial
 YouTube公式チャンネル:http://www.YouTube.com/nikkoamChannel

日興アセットでは、資産運用への理解促進、投資信託の普及のためのさまざまな活動に取組んでいます。銀行や証券会社で金融商品を販売している販売員の方から、投資経験者、まったく投資経験のない方まで、私たちのホームページにいらっしゃる方はさまざまです。そうした方々の多様なニーズや疑問にお応えできるよう、資産運用や投資信託の基礎知識から、市場情報、商品知識にいたる幅広い情報をご提供するために、日興AMファンドアカデミー(http://www.nikkoam.com/fund-academy)やお金のトリセツ(取扱説明書)(http://www.okanenotorisetsu.jp/)、世界の投信王(http://sekaino.toshinou.jp/)といったさまざまなコンテンツをインターネット上で運営、配信してきました。

■日興アセットが運営する各種コンテンツ
 日興AMファンドアカデミー:http://www.nikkoam.com/fund-academy
 お金のトリセツ(取扱説明書):http://www.okanenotorisetsu.jp/
 世界の投信王:http://sekaino.toshinou.jp/
 投信王:http://toshinou.jp/

しかしながら、これまでは私たちのそうした取組みをあらかじめご存知の方か、広告をご覧になった方、検索サイトからいらっしゃる方にしか、情報をお届けすることができませんでした。そのような状況で、もっと、私たちの情報に接していただくにはどうしたらいいかを考え、このたび、ソーシャルメディアを活用することにいたしました。

ソーシャルメディア上では、検索サイトによる「検索」をすることなく、さまざまなきっかけでさまざまな情報に出会うことが可能です。その出会いの可能性を増やすことが、当社のソーシャルメディア活用の目的です。より多く、私たちの情報が届くことを願いつつ、既存のコンテンツの更新情報などを中心に、「数字に関する豆知識」や「投信英単語/中単語講座」のほか、「日興アセットのご紹介」などの読み物も投稿、運営してまいります。


日興アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号  
加入協会:社団法人投資信託協会、社団法人日本証券投資顧問業協会

関連URL:http://www.nikkoam.com/about/media

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。