株式会社グローバルインフォメーション


Gilead社が抗ウイルス薬の売上高において首位



株式会社グローバル インフォメーションは、カロラマ・インフォメーションが発行した報告書「World Market for Anti-Infectives (Antifungals, Antibacterials and Antivirals) (抗感染症薬の世界市場(抗真菌薬、抗菌薬、抗ウイルス薬))」の販売を開始しました。

当報告書によれば、売上トップのHIV治療薬と他の薬剤をあわせると、Gilead Sciences社が抗ウイルス薬市場において首位に立っており、僅差で、Bristol-Myers Squibb社、Roche社そしてMerck社がつづく状況となっています。

抗ウイルス薬の成長にけん引され、抗感染症薬市場は2011年に530億米ドル規模に達しました。

Atriplaは、2006年7月に上市された、Gilead社の最新抗ウイルス薬で、HIVの主力治療薬となっています。この治療薬は、ヌクレオシド類似体で、高活性抗レトロウイルス療法(HAART)、カクテル療法の一部として使用され、最高の条件下においては、患者の血漿中のHIV RNAは検出できないレベルにまで減少します。

カロラマ・インフォメーションでは、同薬品の売上げは2011年に32億米ドルに達したと推定しています。

Gilead社の他の抗ウイルス薬としてはTruvada、VireadそしてHepseraなどがあります。しかし、抗ウイルス薬市場は非常に競争が激しく、他のブランドも市場における首位を目指して競合しています。

「Gilead Sciences社は、市場において大きなシェアを占めつづけるとみられますが、他の企業も成長しています。」と当報告書の著者であるMelissa Elderは述べています。「例えば、Baraclude社は、過去4年間に収益規模を4倍も拡大しています。」

Bristol-Myers Squibb社が抗ウイルス市場で、2位となっており、同社のBaracludeヌクレオシド類似体の売上げは、2007年の2億5,700万米ドルから、今日では11億米ドル規模に拡大しました。その他に、同社の主な抗ウイルス薬には、Sustiva やReyatazがあります。

Roche社は3位で、同社の主要な抗ウイルス薬は、Pegasys、 ValcyteそしてTamifluです。

市場調査レポート: 抗感染症薬の世界市場(抗真菌薬、抗菌薬、抗ウイルス薬)
World Market for Anti-Infectives (Antifungals, Antibacterials and Antivirals)
http://www.gii.co.jp/report/kl230302-world-market-anti-infectives-antifungals.html
出版日 2012年02月
発行: Kalorama Information

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/PH17_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/kl230302-world-market-anti-infectives-antifungals.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会
年賀状