株式会社カケハシ スカイソリューションズ


安田佳生著『私、社長ではなくなりました。―ワイキューブとの7435日』刊行。ワイキューブはなぜ生まれたのか。そして、なぜ破綻したのか。



2011年3月30日の民事再生法適用申請からもうすぐ1年。ワイキューブの創業から幕引きまでを社長・安田佳生が振り返る。

企業スローガン「企業と人の、架け橋となれ。」を掲げる株式会社カケハシ スカイソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表:中川智尚)で顧問を務める安田佳生の新刊『私、社長ではなくなりました。―ワイキューブとの7435日』がプレジデント社より刊行されました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4833420007/

―――――――――――――――――――――――

熊本への出張からの帰り、私は東京の品川駅前の喫茶店で役員二人と落ち合った。最後の役員会をするためだ。
2011年3月10日。東日本大震災の前日のことである。
このまま会社を続けていくのか、それとも民事再生に踏み切るのか。熊本から帰る飛行機のなかで、私の腹は固まっていた。
開口一番、「いままでありがとう。民事再生しよう」。そう言ったとき、二人がほっとしているのがよくわかった。

・・・

なぜ私たちが会社をつくったのか。なぜこんなにも、むちゃくちゃな経営をしたのか。そして、なぜ破綻させなければならなかったのか。
そのことを、きちんと話さなくてはならないと思う。

―――――――――――――――「まえがき」より


中学時代から次々と抱いた「疑問」。
そこから逃れるための「選択」。
日本でみた「現実」とアメリカでみた「夢」。

やってみたいと思ったことをやらずにはいられない性格と安田ならではの思考が生み、育て、終わらせた「ワイキューブ」を、安田本人の視点で語っています。


―――――――――――――――――――――――

だが、我慢できなかった。会社は仕事をするための場所なのだと、割り切ることができなかった。
結果的に多くの人たちに迷惑をかけ、本当に申し訳なかったと思っている。
とくに民事再生に巻き込んでしまったクリエイターさんや取引業者さん、そして私の人生に巻き込んでしまった多くの社員に対して、謝りたい。

すみませんでした。
もうこのような会社をつくることはありません。

―――――――――――――――「あとがき」より

▼『私、社長ではなくなりました。―ワイキューブとの7435日』
著者:安田佳生
発行:プレジデント社
定価:本体1400円+税
ISBN978-4-8334-2000-6

▽目次
まえがき
1章:満員電車からの脱出
2章:営業カバンからの脱出
3章:劣等感からの脱出
4章:アポ取りからの脱出
5章:資金繰りからの脱出
6章:引け目からの脱出
7章:社長からの脱落
あとがき

▼著者:安田佳生(やすだよしお)
1965年大阪府生まれ。高校卒業後渡米し、オレゴン州立大学で生物学を専攻。帰国後リクルート社を経て、1990年ワイキューブを設立。2011年3月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。現在、株式会社カケハシ スカイソリューションズ顧問。これまでの著書も『ぐっとくる?』『検索は、するな。』『千円札は拾うな。』など多数。本作は8冊目の著書となる。
安田佳生著書一覧:http://www.amazon.co.jp/-/e/B004NRVAJ6

▼Amazonでのご購入はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4833420007/


--------------------------------------------------

■ニュースについてのお問い合わせ

メール:info@kakehashi-skysol.co.jp
お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)

--------------------------------------------------

株式会社カケハシ スカイソリューションズ
http://www.kakehashi-skysol.co.jp/

関連URL:http://www.amazon.co.jp/dp/4833420007/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状