ドットコモディティ株式会社


「サウジアラビアは原油が枯渇し増産は難しい!」【ドットコモディティ】



「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」

「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」

コモディティ専門情報サイト「Commodity Board(コモディティ・ボード)では、米国デリバティブ誌「Futures 」のWEB版「FUTURES MAG.COM」に記載されている、世界中の旬なマーケット情報やコラムについて、原文や日本語訳文をお選びいただき、ご覧になれます。
https://commodity-board.com/2011/05/futures-magazine.html

(3/14更新)
おはようございます。

世界最大の原油の生産国は、サウジアラビアとロシアである。このうちサウジは永年にわたって世界に潤沢な化石エネルギーを供給し続けてきた。近代文明が急速に開化したのはサウジの原油供給が安定的に推進されてきたことに他ならない。

しかしサウジが保有する原油も、そろそろ底が着き始めているのではないかとの見方が2000年頃を境に膨らみ続けている。そう…ピークオイル論である。サウジの原油埋蔵量は国家機密とされているため、はっきり分かっていないのであるが、逆に数値が示されていない点が腑に落ちないし限りある原油資源を掘り続ければいつかは終りがくるというものだ。

そもそも、原油埋蔵量は十分にあり今後40年間は大丈夫などと、どこから出てきた数字なのか前々から大きいなる疑問を抱いていた。サウジだけでなく肩を並べるロシアも原油供給は限界に近づいているのは明々白々である。ロシアではかつてサウジのガワールに匹敵するほどのサモトロール油田があったが、1980年当時300万b/dの生産があった巨大油田も今ではわずか80万b/dの生産しかない。

それと、原油の埋蔵量・可採年数がどれだけ月日が経っても40年分あるという論理がまかり通り、その上あろうことか学校の教科書にも掲載されているが、きちんと調べて載せているのかも甚だ疑問である。可採年数40年のまま変わらないのは、消費される石油と同じ分だけ新しい油田が発見されているため…との説明だが、この点については真っ赤なウソである。

なぜなら、毎日、1バレルの新しい油田が発見されても新油田で増えた分の6倍の石油が消費され続けているのだから。幼稚園児でも分かる簡単な計算だ。1引く6はマイナス5である。

さて、今朝のロイター通信の報道によると、米国は、対イラン制裁によって生じると予想される原油の供給不足を補うため、サウジアラビアに増産を求めているという。現在、クウェートで開かれている国際エネルギー・フォーラムに出席しているサウジのヌアイミ石油鉱物資源相は、「必要に応じて原油供給量を増加させる用意がある」という。

額面どおり受ければ、仮にイスラエルと米国が結託してイランを叩き原油供給がストップしてもサウジがそれを肩代わりするので心配ない…ということになるが、このシナリオについても真っ赤なウソであろう。表向きは、「サウジの産油量は現在1000万b/dで過去最大水準。しかも産油量は1140~1180万バレルに直ちに増加させることは可能。最大能力は1250万b/d」としているが、永きサウジの原油生産の歴史において平均産油量が1000万b/dを超えたことは一度もないのである。サウジが保有する世界最大の油田ガワールにある原油は推定700億b/dで既に650億b/dほどが掘り尽くされ、油田の底に少しの油がへばりついているに過ぎないとの推論もあるほどなのだ。
============================================================
(本レポート筆者のご紹介)
「小針秀夫氏」
トーキョートレーダーズタイムズ代表取締役
東京工業品取引所日報編集長を経て、2001年にトーキョートレーダーズタイムズを設立。
現在は「コモディティ・ジャーナリスト」として各メディアで活躍中。

1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

<会社概要>
会社名 : ドットコモディティ株式会社(http://www.commodity.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金 : 18 億9,999 万円
事業内容:商品取引受託業務、海外商品先物取引業務、店頭商品デリバティブ取引                                                
     経済産業省・農林水産省許可商品取引会社

関連URL:https://commodity-board.com/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」 「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」



注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽
運動会