株式会社ウェブ・デリバリー・システム


株式会社ウェブ・デリバリー・システム、インターネットを利用した新スタイルのDVDレンタルサービス「ウェブデリDVD」を9月18日より試験サービス提供開始



〜ネットでリクエスト、配送と返却は郵便で手軽に〜

 株式会社ウェブ・デリバリー・システム(本社:東京都港区、代表取締役社長:福澤 克敏、以下:ウェブ・デリバリー・システム)は、インターネットと郵便の組み合わせで日本全国どこに住んでいても手軽にDVDレンタルが出来るサービス「ウェブデリDVD」の試験サービスを、同社サイト(http://www.web-deli.co.jp/)上で開始致します。インターネットと郵便を組み合わせたDVDレンタルを専門に全国規模で展開するのは、当社が日本で初の試みとなります。

「ウェブデリDVD」は、インターネットで入会・レンタルのリクエストを受け付け、配送と返送には郵便などを利用する事で、事実上全国どこにでも、見たいDVDをお届けできる画期的なサービスです。会員制で毎月定額料金を支払えばDVDを何本でも見ることが可能で、返却期限もありませんので見終わったら好きなタイミングで返却するだけと、ユーザーの使い勝手を第一に考えています。返却も、DVDの配送時に同封でお送りする料金支払済みの返送用封筒に入れて、近くの郵便ポストに投函するだけと非常に手軽です。また、インターネットと郵送を利用しますので、レンタルの際に店員や周囲の目を気にする必要もなくなります。

「ウェブデリDVD」は、『地元の近くのビデオレンタル店には、DVDが置いていない』『レンタル店のDVDの品揃えが悪く、見たいものが置いていない』『近くにレンタル店そのものがない、あるいは家から遠い』『借りるのは良いが、返しに行く時間がなかったり返すのを忘れていたりで、しばしば延滞料を払っている』『店員に自分が借りるDVDのタイトルを見られるのが恥ずかしい』などと言った不満を抱えた全国のユーザーの不満を解消する為に生まれました。

「ウェブデリDVD」では、特に一般の店舗では扱っていないようなジャンルの作品にも力を入れて、様々な分野のマニアの方にも積極的に利用して頂きたいと考えています。人気の洋画・邦画タイトルのみならず、クラシック映画、アニメ・OVA、キッズもの、教育・教養、国内・海外テレビシリーズ、サッカーや格闘技(プロレス、PRIDE、K-1など)といったスポーツなど、多種多様なユーザーの嗜好に合わせ幅広い品揃えを実現して参ります。

海外に比べDVDの普及が一歩遅れた日本でも、2001年末にはDVD再生専用プレーヤーの出荷累計台数が250万台を超えており(日本映像ソフト協会調べ)、ゲーム機やPC等の普及と合わせ、今後大きくDVDレンタルの需要が伸びる事は間違いありません。しかし一方では、ビデオレンタル店の約40%がまだDVDレンタルを導入していませんでした(同協会調べ)。

 そこで、ウェブ・デリバリー・システムでは、今後急成長が予想されるDVDレンタルのニーズを先取りする形で他社に先駆けて積極的にサービス展開して参ります。その第一弾として、本日より第一次試験サービスを開始致しました。今年10月〜11月には、第二次試験サービスを経て、正式な商用サービスを開始する予定です。2003年3月末までに2千ユーザーの獲得を目標にしております。

 「ウェブデリDVD」サービスを受ける為には初回に会員登録料が4千円、後は毎月1,980円〜の月額使用料(サービスメニューによる)を支払う事でDVDが見放題となります。
 トライアル開始時点で当社が仕入可能なDVDタイトル数は約2千タイトル程度で、トライアル時に所有する数は約700タイトル程度となる予定です。在庫するタイトル数は、ユーザーからのリクエストに合わせて増加します。また、当社が仕入可能なタイトル数は、現在交渉中の映像ソフトメーカー数社からの仕入が可能になると更に大幅に増加します。基本的にユーザーからリクエストがある作品は全て在庫を持つような形で仕入を進めますので、最終的にはレンタル用途でメーカーから仕入可能なDVDタイトルは全て保有する事になる見込みです。



≪本件に関するお問合せ先≫

株式会社ウェブ・デリバリー・システム
広報担当: 福澤、徳久
電話: 03-3432-8819
Fax: 03-3432-8839
e-mail : info@web-deli.co.jp

関連URL:http://www.web-deli.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽