株式会社グローバルインフォメーション

世界の医用画像市場、MRIと超音波検査の併用が市場を促進


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

株式会社グローバル インフォメーションは、カロラマ・インフォメーションが発行した報告書「Medical Imaging Markets: MRI (Magnetic Resonance Imaging) and Ultrasound Markets (世界の医用画像市場:MRI・超音波市場)」の販売を開始しました。

MRIと超音波画像検査を併用すると、より効果的になると当報告書では指摘しています。

世界におけるMRIおよび超音波システム市場の収益規模は、2010年から2011年の間に、それぞれ6%、4%で成長すると、カロラマ・インフォメーションは予測しています。

MRIと超音波システムの併用が効果的な例としては、腱板断裂が挙げられます。

超音波検査のほうがコスト効率は良いと、通常見なされていますが、腱板を検査する際に、最も頻繁に使用されるのはMRIです。

費用効用分析をすると、腱板断裂の場合、最初の医療画像検査として超音波検査を実施し、別の所見がないか、あるいは合併症の可能性を確認するために、手術の前にMRI検査を行えば、非常に効果的なハイブリッド画像戦略となります。

「超音波は、割安な画像診断法ですが、MRIではより詳細な分析が可能となります。」と、当報告書の執筆者であるJoe Constanceは述べています。

「したがって、超音波検査を最初の画像検査として行い、つぎにMRIを実施して、別の疾患の可能性をさぐり、外科医に必要な精密分析を提供するのは当然のことです。」

他にもモダリティの併用が有効な例としては、乳がん検査があります。

MRIとともに超音波による胸部のセカンドルックが行われれば、従来のマンモグラフィや、ファーストルックの超音波検査で検出されなかった病巣を、放射線科医が識別することができます。 さらに、腫瘍が悪性か良性かを判断することが可能な場合もあります。

これは、イタリアのローマ・ラ・サピエンツァ大学における調査で明らかになっています。その調査は、マンモグラフィ、超音波、およびMRIの検査をうけた182人の患者を対象にして行われました。

市場調査レポート: 世界の医用画像市場:MRI・超音波市場
Medical Imaging Markets: MRI (Magnetic Resonance Imaging) and Ultrasound Markets
http://www.gii.co.jp/report/kl233323-medical-imaging-markets-mri-magnetic-resonance.html
出版日 2012年03月
発行: Kalorama Information

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/MC12_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/kl233323-medical-imaging-markets-mri-magnetic-resonance.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

株式会社グローバルインフォメーション

所在地
神奈川県
業種
サービス業
Webサイト
http://www.gii.co.jp/