株式会社クロス・マーケティング


【調査結果レポート003】 ― 2006年意識調査 ―



景気に対する高い期待・意識
〜 景気・経済に対して熱い注目。政治・外交の国政に対して冷めた視線の2006年 〜

ネットリサーチシステム「REAL」を提供する株式会社 クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役:五十嵐幹)は、「2006年意識調査」を実施致しました。
 本調査では「REAL」を用いて、2006年1月4日〜1月5日に行い、全国18歳から69歳までの男女1,141人から回答を得ました。


【調査内容概要】
■ 調査地域  : 全国
■ 調査対象  : 18〜69歳 男女
■ 調査期間  : 1月4日(水)〜1月5日(木)
■ 有効回答数 : 1,141サンプル


【調査結果概要】
 18〜69歳の男女個人に2006年に対する期待や意識を聞いたところ、「趣味や余暇」「景気」に 対しては6割以上が期待している結果となりました。しかしながら、「政治」や「外交」に対しては3割台の期待しかなく、“国政”に対する期待の低さが顕著となりました。
 また、2006年に実現したいことでも、「定期的な運動」「規則正しい生活」「ダイエット」などの“健康管理”や「貯金」「株取引の開始」などの“個人の経済活動”がキーワードとなりました。
 他にも、昨年に比べての消費意欲指数も昨年以上となっており、2006年の“景気”に対して期待や意識の高さが特徴的に見て取れる結果となりました


【回答結果概要】
1.2006年の期待度 − 景気に対する高い期待。国政に対する低い期待。

2006年のそれぞれの項目に関してどの程度期待しているか聞いたところ、68%の人が「趣味・余暇」に期待しており、最も高い期待度となりました。ついで、64%の「景気」が高く、「政治」(39%)、「外交」(30%)などの“国政”に対する期待に比べて、“経済”に対する期待度の高さが顕著に表れる結果となりました。
2006年の総合的な期待度では、66%が期待しており、期待していない人を大きく上回りました。
その理由としては、「昨年が悪かったから」や「良くなってほしいという期待」など、半ば“願い”のものが多かった。また、それ以外には、“景気回復”の実感がわいているなどの意見も見受けられました。


2.2006年中に実現したいこと − 2006年の目標は、「健康管理」と「個人の経済活動」

2006年に実現したいことを聞いたところ、「定期的な運動」(59%)、「規則正しい食生活」(47%)の“健康管理項目” が高い結果となりました。それ以外に、「貯金」が55%と高く、「株取引の開始」も19.4%など、“個人の経済活動関連”の項目も2006年に実現したいこととして特徴的な結果となりました。
 男女別に見ると、男性に比べて女性が「定期的な運動」や「規則正しい食生活」「ダイエット」など“ダイエット関連”が特徴的に高く、それ以外にも「貯金」「海外旅行」「習い事・資格取得(スポーツ・趣味関連)」が男性に比べて5%以上高く、女性の方が2006年の目標が多い傾向となりました。


3.2006年の消費意欲指数 − 昨年より上昇した「消費意欲」

2006年の消費意欲を昨年と比べてもらったところ、昨年以下の意欲の人が28.7%、昨年並みの人が35.9%、昨年より高い人が35.4%と、昨年に比べて消費意欲は上昇している結果となりました。
 男女別で見ると、昨年より消費意欲が高い人が、女性(33.4%)に比べて男性(37.5%)の方がやや高い結果となりました。


4.2006年の各商品の購入意向度 − 
デジタル・映像機器が注目の的。やや注目薄い「住宅」「車」「高級ブランド品」

2006年にどの程度商品を購入したいか聞いたところ、デジタル機器が51%と最も高い購入意向となり、映像機器(44%)がそれに続く結果となりました。
高額商品である「住宅・リフォーム」(18.2%)や「自動車・バイク」(27.3%)や「高級ブランドファッション用品」(22.4%)は半数以上が購入したいと思わないという結果となりました。


※※※※※※ 調査結果の詳細は以下のURLからご覧頂けます。※※※※※※




━━ 株式会社クロス・マーケティングについて ━━
クロス・マーケティングは、インターネットを利用した市場調査業務を行うネットリサーチ事業会社です。
ネットリサーチシステム『REAL』(Research Engine And Literacy)を使って、Webアンケート画面の作成からデータ集計までのサービスを、低コストかつ迅速に提供することが可能です。また、業界最大級の500万人超を誇る大規模モニターネットワークを擁しており、詳細な追加調査や低出現率対象者の抽出など、顧客からの多様なニーズに応えることが可能です。クロス・マーケティングは、企業の意思決定やマーケティング活動に欠かすことができない市場調査業務を、インターネットを駆使した最上級のサービスでサポートします。

━━ 会社概要 ━━
【社名】:株式会社クロス・マーケティング
【所在地】:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
【代表者】:五十嵐幹(代表取締役)
【設立年月】:2003年4月
【資本金】:5,000万円
【事業内容】:ネットリサーチサービスの提供/Webコンサルティング
        URL: http://www.cross-m.co.jp/
        ネットリサーチシステム「REAL」のホームページ: http://i-real.jp/

━━ クレジット表記について ━━
本リリースの引用・転載に際しては、必ずクレジットを明記していただきますようお願いいたします。
(例)株式会社 クロス・マーケティングがネットリサーチシステム「REAL」を用いて調査した結果によると・・・

本件内容・記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

株式会社 クロス・マーケティング 担当:成尾・高須賀
東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
TEL:03-3549-0222  FAX:03-3549-0221
お問い合わせ用メールアドレス:pr@cross-m.co.jp

関連URL:http://i-real.jp/report/r7.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
調査・報告
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り