ドットコモディティ株式会社

「エコカー補助金は早ければ夏には終わってしまう!」【ドットコモディティ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」

「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」

コモディティ専門情報サイト「Commodity Board(コモディティ・ボード)では、米国デリバティブ誌「Futures 」のWEB版「FUTURES MAG.COM」に記載されている、世界中の旬なマーケット情報やコラムについて、原文や日本語訳文をお選びいただき、ご覧になれます。
https://commodity-board.com/2011/05/futures-magazine.html

(4/3更新)
3月の日本の新車販売台数には驚いた。普通乗用車が飛ぶように売れに売れ、なんと前年同期比78%増の50万台。軽自動車を含めても75万台で同比72%増である。

昨年3月が東日本大震災で新車の売れ行きが大きく落ち込んだことで、今年3月の過去最大の大幅アップは数字上だけのことだとの見方もできるが、前月比でも増えているのはそこに減税や補助金の効果も加わったため。しかも、前年同期比プラスとなったのは7カ月連続であり絶好調である。

特にこの3月は、補助金の駆け込み需要が大きく膨らんだようだ。減税というか、自動車税などがほぼゼロとなるだけでなく、政府からの予算から大枠で10万円ほどの補助金がもらえるとあって買い替え需要が進んでいる。

この補助金だが、来年2月まで申請することができるため、まだ年内での買い替えであれば大丈夫だろうと考えがちだが、実のところは申請総額が予算額の3000億円を超えた場合には申請締め切り前であったとしても申請は認められないことになっている。

このため実際には今年の夏あたりが打ち切りのボーダーラインとなる見込みだとの話を聞いた。従って、最も人気のある車種の一つであるトヨタ・アクアに関しては、人気に拍車がかけられているため製造が間に合わず今発注しても納車は今夏の7月前後となりそうで、もしかすると4月下旬以降の申し込みでは補助金がつかない可能性もあるようだ。

ちなみに前回のエコカー補助金のケースでは予算6300億円は開始から1年半で使い切り、予定より1カ月も早く終了してしまった。今回も、来年2月までとはいえ、かなり早い時期に打ち切られる公算が強い。

というのも、買い替え需要が強まっている隠れた理由の一つに、ガソリン高が響いていると思われるから。強烈な値上がり傾向となっているガソリン高に消費者の悲鳴が上がっているため、そのガソリン高に対応するため、どうしてもアクアやプリウスなどのハイブリッド・カーへの買い替えが進みがちとなっている。

実際、最近都内で走っている車を意識して眺めると、プリウスの走っている台数がほんとうに多い。タクシーなどもプリウスが増えているし、一部の営業車でもプリウスを見かけるようになっている。売出し直後のアクアはまだほとんど見かけないが、これから街中に溢れかえるのだろう。

============================================================
(本レポート筆者のご紹介)
「小針秀夫氏」
トーキョートレーダーズタイムズ代表取締役
東京工業品取引所日報編集長を経て、2001年にトーキョートレーダーズタイムズを設立。
現在は「コモディティ・ジャーナリスト」として各メディアで活躍中。

1)  本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2) 本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

<会社概要>
会社名 : ドットコモディティ株式会社(http://www.commodity.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金 : 18 億9,999 万円
事業内容:商品取引受託業務、海外商品先物取引業務、店頭商品デリバティブ取引                                                
     経済産業省・農林水産省許可商品取引会社

関連URL:http://www.commodity.co.jp/index.html

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」 「注目銘柄キャンペーン第2弾「グレイン(穀物)トレードキャンペーン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ドットコモディティ株式会社

所在地
東京都
業種
金融・保険業
Webサイト
http://www.commodity.co.jp/

ドットコモディティ株式会社のソーシャルメディアアカウント