株式会社日立製作所(ITプラットフォーム)

【クラウド、ビックデータ用途に。ブレードサーバ新製品】
統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のブレードサーバに、性能強化と運用性向上を実現した新モデル「BS500」を追加


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 日立は統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のラインアップに、サーバ仮想化や、クラウドコンピューティング(クラウド)、大量データを扱うシステムなどのシステム基盤に求められる処理性能や拡張性、運用・管理機能を強化したブレードサーバの新モデル「BS500」を追加しました。 また、基幹系システム向けのハイエンドモデル「BS2000」において処理性能とメモリー容量を強化した新製品を開発し、4月13日から販売を開始しました。

▼詳細 (ニュースリリース)はこちら
http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/jump/20120412bds.html?banner_id=new120416a

 今回新たに製品化した「BS500」は、高信頼な日立独自のサーバ仮想化機構 Virtage(バタージュ)や、障害発生時に予備サーバブレードへ自動的に切り替え、業務への影響を最小限に抑えるN+1コールドスタンバイ機能など、「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」、小型高集積モデル「BS320」の機能や信頼性を引き継ぎながら、イーサネット・ファブリック(*1)など、最新のデータセンターネットワークにも対応し、サーバ仮想化や、クラウド、大量データを扱うシステム基盤に求められる処理性能や拡張性、柔軟性、運用性を備えた製品です。

 日立は、クラウドや、大量データの利活用、社会インフラなど、幅広い分野のシステム基盤として、新たに展開する「BS500」をはじめとする新製品群を提供し、高効率・高信頼なシステムの柔軟かつ容易な構築・運用を支援します。

 なお、今回の新製品群は、すべて最新のインテル(R) Xeon(R) プロセッサー E5-2600製品ファミリーを採用しています。

 また、グローバルでは、日立データシステムズ社が「BS500」を「Hitachi Compute Blade 500」、「BS2000」を「Hitachi Compute Blade 2000」の名称で提供し、グローバル事業展開を加速します。

*1 イーサネット・ファブリック:データセンターにおいて求められる性能や運用性を向上するための特徴をもった、イーサネットのネットワーキング技術。

▼続き(ニュースリリース)はこちら
http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/jump/20120412bds.html?banner_id=new120416a


◆統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」
ビジネス環境の変化に即応する新概念のブレードサーバー
http://www.hitachi.co.jp/bds/?banner_id=new120416b

◆日立サーバ&ソリューション
日立サーバラインアップのご紹介
http://www.hitachi.co.jp/server/?banner_id=new120416c

◆お問い合わせ
株式会社日立製作所 情報・通信システム社 サーバお問い合わせフォーム
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/it/esd/div/form.jsp?banner_id=new120416d

◆商標に関する表記
・インテル、Xeonは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
・その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

記載の情報は、公開日現在の情報です。予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

関連URL:http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/jump/20120412bds.html?banner_id=new120416a

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷


トレンドワード
勤労感謝の日
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
ビッグデータ