キヤノンマーケティングジャパン株式会社

西東京データセンターを中核にアウトソーシングサービス事業を強化


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

西東京データセンター完成イメージ図

西東京データセンター完成イメージ図

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズ株式会社(社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は現在、敷地面積16,532m2、2,300ラック相当の新データセンターを西東京に建設しており、拡大するアウトソーシングサービス事業、クラウドサービス事業の中核拠点として、本年10月よりサービスを開始します。

近年、経営環境の変化やクラウドコンピューティングの進展、事業継続計画の策定・見直しにともない、データセンターを活用した情報システムの戦略的な再構築が注目されています。特に、サーバー統合、仮想化の進展、IT機器の高密度化により、電力、冷却、床耐荷重、環境配慮、セキュリティ面において、従来以上に高度な性能のデータセンターが求められています。

現在建設中の西東京データセンターは、こうしたニーズに応えるもので、最新鋭のファシリティと7段階におよぶ厳重なセキュリティを備えています。また、環境性能を高める省エネルギー技術の導入により、PUE値(※1)1.4の設備設計でエネルギーの効率化を図っています。さらに、都心からのアクセスが良く地盤が強固な西東京に建設しており、津波や液状化などの自然災害リスクが低い立地にあります。

お客さまのシステム運用業務の効率化を目的に、運用サービスの業務設計や運用管理、改善、24時間365日の監視などITILをベースとした運用・保守サービスを提供します。また、キヤノンITSの沖縄データセンターを活用したバックアップサービスやディザスターリカバリー(災害時復旧)サービスも用意します。
これにより、短時間での効率的な障害復旧や事業継続計画に最適なサービスの提供を実現し、お客さまのIT戦略を強力にサポートしていきます。

キヤノンMJおよびキヤノンITSは、西東京データセンターを中核として活用し、グループのクラウドサービス基盤「SOLTAGE」やBPOサービスを強化することで、アウトソーシングサービス事業を拡大します。大手企業を中心にこれまで注力してきたSIサービスに加え、より柔軟で信頼性の高いシステム運用サービスを提案していきます。キヤノンMJグループは、アウトソーシングサービスと保守サービスで構成されるストック型ITサービス事業(※2)全体で、2015年に約500億円の売上を目指します。


※1 PUEとは、データセンターにおけるエネルギー効率を示す基準。
※2 ストック型ITサービス事業は、データセンターサービス、システム運用サービス、クラウドサービス、BPOサービス、保守サービスで構成されます。

関連URL:http://cweb.canon.jp/solution/idc/index.html?id=pr

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 西東京データセンター完成イメージ図 西東京データセンター完成イメージ図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷


トレンドワード
クリスマス
大掃除
お年玉
師走
バーゲンセール
冬休み
ビッグデータ
忘年会
復興支援
クラウド