株式会社リアルビジョン


リアルビジョン、HD対応の低価格CG/テロッパーシステムHST100シリーズの供給を開始



HST100システム

HST100システム

 株式会社リアルビジョン(本社 横浜市港北区新横浜、杉山尚志社長)は、放送局や、ポスプロ、制作会社などで使用される、HD対応の低価格CG/テロッパーシステム、HST100シリーズの供給を2006年1月より開始しました。

CG (キャラクタ・ジェネレータ) /テロッパーシステムは、放送番組やコマーシャルに文字データを挿入するためのシステムです。大型フラットパネルTVの低価格化による普及や、地上波デジタル放送のサービス地域の広まりに伴い、高品位モード(HD)での放送番組や、コマーシャル制作の比率も高まってきています。しかし、キー局や、一部の大手ポスプロ、制作会社を除いて、高額なHD機器に対する設備投資はまだ余り進んでいないのが実情です。

リアルビジョンのHST100シリーズは、低価格でありながら、確実なHD対応を容易に行うことが可能な、ターンキーのCG/テロッパーシステムです。まだHD対応が進んでいないユーザに高いコストパフォーマンスのHDソリューションを提供いたします。

HST100シリーズの特徴及び製品構成は、以下のとおりです。

・HST100シリーズの特徴
 - HD対応低価格2DターンキーCG/テロッパーシステム
 - 独自の文字出力機構を搭載 (CG/テロッパーソフト無しでも使用可能)
  ・市販のグラフィックスソフトで作成した連番ファイルを読み込み可能
 - HD画面をFill/Key出力可能
 - 高性能のグラフィックス・プロセッサを搭載
 - 背景合成機能 (HST101M/MC)
  ・入力映像を外部機器無しでリアルタイムに背景合成し、直ちにモニタ可能
  ・背景合成時にアルファブレンド出力が可能
 - ビデオ入出力
  ・SMPTE259M-C (SD-SDI)及びSMPTE292M (HD-SDI)に準拠
  ・3つの出力チャネル、2つの入力チャネルを実装
  ・リファレンス入力(Tri-level SyncあるいはBlack Burst)
 - 対応するCG/テロッパーソフトウエア
  ・株式会社フロンテック  progrest
  ・イネーブル株式会社 MMRT-HSDシリーズ

・HST100シリーズの製品構成
 - HST101 クロマキー出力(SD/HD)
 - HST101M クロマキー合成出力(SD/HD)、背景合成可能
 - HST101MC クロマキー合成出力(SD/HD)、背景合成、L字合成可能(SD)

HST100シリーズの導入に際して、リアルビジョンでは、現在お手持ちのテロッパー/CG用データを、HST100シリーズ上で処理できるようにするための、ファイル変換サービスをご提供する予定です。このサービスにより、既存のデータをそのままHST100シリーズ上で使用することが可能となります。

このプレスリリースの詳細については、下記までお問い合わせください。

本プレスリリースに関するお問合せ先)
 〒222-8505 神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-1
 株式会社リアルビジョン V&G事業部 冨満 (とみみつ)
 電話)045-473-7331(代表) 
 ファックス)045-473-7330 
 電子メール)bc_sales@realvision.co.jp

注)このニュースリリースで使用されている商標あるいは登録商標は、それらを有する各社に帰属します。

関連URL:http://www.realvision.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • HST100システム HST100システム
  • VREngine/HS10Mボード VREngine/HS10Mボード



注目ワード
運動会
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会