株式会社グローバルインフォメーション

世界のメガファーマもOTC医薬品に戦略的展開


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

株式会社グローバル インフォメーションは、GBI Researchが発行した報告書「Rx-to-OTC Switching Strategies - New Switching Opportunities in Weight Management and Smoking Cessation, but Encouraging the Uptake of Self-Medication Remains a Challenge (スイッチOTC戦略:体重管理と禁煙における新たなスイッチ機会、しかし自己医療の導入促進が課題として残る)」の販売を開始しました。

OTC医薬品は処方箋が無くとも市場で入手出来る医薬品で、軽微な病気を治療する薬として広く使用されています。今日において、高コレステロールや体重管理、皮膚疾患や呼吸器系感染症などを含む幅広い治療の為に購入可能な30万を超える薬や成分があります。OTC薬は厳密に規制されており、そして規制プロセスの数は、明確で透明性のある方法にて検討された新しい承認済製品を有効にする為に制定されています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、グラクソスミスクライン(GSK)、バイエルヘルスケア(Bayer Healthcare)、ノバルティス(Novartis)、サノフィ(Sanofi)、ファイザー(Pfizer)、メルク(Merck & Co.)、プロクター&ギャンブル(P&G)を含む大手の製薬企業はOTC医薬品分野に対して既に戦略的投資を行っています。彼らの成功は事業戦略を変化させながらの慎重な製品選択と製品ポジショニング、最適なディストリビューションと積極的マーケティングの組み合わせに基づいたものになっています。

この市場は、企業のパテント露出、製品ライフサイクルマネジメントの最適化、広告マーケティング機会の積極的な展開と同様に、人口の高齢化や新興の消費者層、消費者のエンパワーメントや教育、アンメットな医療ニーズ、医療制度改革や政府の支援などの多くの外部要因によって成長し続けるでしょう。

当調査レポートは、世界7カ国のスイッチOTC市場について包括的に分析しているレポートです。

レポートのポイント:
•アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本の世界上位7カ国のスイッチOTC市場に関するデータと分析
•国別単位での収益、市場規模や市場シェアなど地域的に概観
•市場に大きなインパクトを及ぼす促進要因及び抑制要因
•RX-OTCに参入する大手企業のプロファイルデータ

市場調査レポート: スイッチOTC戦略:体重管理と禁煙における新たなスイッチ機会、しかし自己医療の導入促進が課題として残る
Rx-to-OTC Switching Strategies - New Switching Opportunities in Weight Management and Smoking Cessation, but Encouraging the Uptake of Self-Medication Remains a Challenge
http://www.gii.co.jp/report/gbi238360-rx-otc-switching-strategies-new-switching.html
出版日: 2012年04月
発行: GBI Research

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/PH09_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/gbi238360-rx-otc-switching-strategies-new-switching.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


トレンドワード
クリスマス
大掃除
お年玉
師走
バーゲンセール
冬休み
ビッグデータ
忘年会
復興支援
クラウド