富士フイルム株式会社


印刷関連製品のマーケティング・販売・技術サービスの機能をワールドワイドに担う「富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社」を発足



富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、重点事業のグラフィックシステム事業のさらなる体制強化を図るため、2012年10月1日付けで、印刷関連製品のマーケティング・販売・技術サービスの機能をワールドワイドに担う富士フイルムグローバルグラフィックシステムズを発足させます。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、印刷関連機材の国内販売会社である富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社(社長:吉田 整、以下FFGS)に、印刷物の制作用ソフトウエアの開発・販売会社である富士フイルムシンプルプロダクツ株式会社(社長:阿比留 幸仁)を統合し、さらに海外のマーケティング・販売・技術サービスの機能を新設した会社です。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズがワールドワイドに提供する製品・サービスは、以下のとおりです。

・雑誌やカタログなどの商業印刷分野、新聞印刷分野で使用するオフセット印刷用刷版材料「CTP版/PS版」や製版フィルム、プレートセッター、現像機器、薬品
・大型ポスターや店頭POP、ウィンドウディスプレイなどの製作物で使用するワイドフォーマットインクジェットプリンター/インク
・1枚1枚異なるデータをバリアブルに印刷できるプリントオンデマンド機器
・インクジェットデジタル印刷機「Jet Press 720」
・印刷物の製作工程を統合的に管理するワークフローソフト、カラーマネジメントソフト、写真や文章の位置をレイアウトする組版用ソフト
・プリント基板用に使用するデジタル露光システムやフォトマスク用材料
・上記製品に関連する技術サービス
など

近年、お客さまのニーズの多様化により、印刷物の多品種・小ロット化が進んでいます。このような中、大量印刷向けのオフセット印刷だけではなく、小部数印刷に適したデジタル印刷、さらにはそれらを統合的に管理するワークフローやカラーマネジメントなども含めて、お客さまのニーズに合ったソリューションビジネスを展開することが求められおり、このニーズは経済成長が著しい新興国などでも高まっていくとみています。今後、FFGSが、一早く国内で取り組み蓄積してきたソリューションビジネスの営業力やマーケティング力、技術サービス力をワールドワイドに展開し、グラフィックシステム事業をさらに発展させていきます。そして、3年後をめどに、現在の約30%増となる3,000億円の事業売上を目指します。

富士フイルムは、今後も先進・独自の技術をもって画期的な製品・サービスを開発し、世界の印刷産業の発展に貢献していきます。


「富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社」の詳細は富士フイルムのウェブサイトをご覧ください。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0648.html?link=n2u


<関連リンク>
富士フイルムの事業領域:印刷
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/aboutus/solution/graphic.html?link=n2u
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=n2u
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/index.html?link=n2u
富士フイルム ケータイサイト
  ⇒ http://m.fujifilm.jp/?link=n2u
  ※ケータイサイトはパソコンからはご覧いただけません。


※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。



関連URL:http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0648.html?link=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭