株式会社船井総合研究所


【船井総合研究所】医師1名の内科医院必見!外来患者を訪問診療で最期まで診るシステムを構築『第6回 高齢者が暮らしやすい地域を創る在宅医療経営セミナー』を開催



医療事務1名からできる『地域連携室導入』が、認知症の早期発見、訪問診療の早期導入、通院離脱の防止、医師の負担軽減のカギとなる

株式会社船井総合研究所は2020年3月1日と15日、それぞれ東京本社と大阪本社において『第6回 高齢者が暮らしやすい地域を創る在宅医療経営セミナー』を開催いたします。

セミナー詳細・お申込みはこちらから
https://lpsec.funaisoken.co.jp/byoin-clinic-keiei/seminar/055582_lp/

日本の外来診療における時流と役割は大きく変化しつつあります。大きな変化としては、外来患者のボリュームゾーンが経時的に高齢者にシフトしているなどが挙げられます。
今後の内科医院経営の時流は、いかに高齢患者を支えられるかが重要となります。主な役割としては、社会問題にもなりつつある、認知症予防と在宅医療への早期対応です。
厚生労働省の将来推計によると、2025年には認知症患者700万人・在宅患者100万人時代へ突入します。外来患者の認知症へ対応しつつ、必要であれば在宅医療へ移行させていくスムーズなかかりつけ医院の仕組み作りが重要になります。

本セミナーでは、ゲスト講師に医療法人社団 実幸会 理事長 いらはら診療所院長の苛原実氏をお招きします。
同院は医療事務1名からできる地域連携機能を構築しました。この機能により現在、同院の訪問診療の約3割の患者が外来からの継続です。
当日は、現在の診療体系に至るまでの前準備やスタッフ育成について、また現在の訪問体制や外来患者を最後まで支える秘訣についても公開いただきます。
このほか在宅医療を専門とする船井総研のコンサルタントからは、在宅医療成功のポイントやシステム構築の成功事例も交えてご紹介します。

【セミナー概要】

■東京会場
日時:2020年3月1日(日)13:00~16:30(受付12:30~)
会場:船井総合研究所 東京本社
  (東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階)
費用:33,000円/一名様(税込)

■大阪会場
日時:2020年3月15日(日)13:00~16:30(受付12:30~)
会場:船井総合研究所 大阪本社
  (大阪市中央区北浜4-4-10)
費用:33,000円/一名様(税込)

セミナー詳細・お申込みはこちら
https://lpsec.funaisoken.co.jp/byoin-clinic-keiei/seminar/055582_lp/


【お問い合わせ】
株式会社船井総合研究所 ヘルスケア支援部
電話:0120-964-000(平日9:30~17:30)
申し込みに関する問い合わせ トキタ
セミナー内容に関する問い合わせ マツオカ

関連URL:https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日