学校法人八洲学園大学


国内初!インターネット学習のみで卒業できる  「家庭教育学」を実践する「八洲学園大学」2004年4月開学!!



通信制の高等教育を実践する、学校法人八洲学園(大阪市中央区 理事長 和田 公人、以下八洲学園)は、本年4月28日より認可申請を行っていた家庭教育学に関する国内初の大学となる、学校法人八洲学園大学(神奈川県横浜市西区 学長 高橋 進、以下八洲学園大学)に関して、11月27日に文部科学省より正式に認可されたため、来年4月の開学に向け校舎を初めとした教育インフラの最終整備および学生募集を本格的に実施することを発表します。

昨今少子化、核家族化の流れを受け、家庭教育に対して不安を持つ親が急増しています。親との同居が減ると同時に、近所で同世代の子供を持つことが少なくなったことを背景に家庭教育に悩みを抱えている現状があります。
八洲学園大学は、日本で唯一の家庭教育に関する学会である日本家庭教育学会と協力、会長である高橋 進氏を学長に迎えることで、専門的に研究している機関や専門家が極めて少ない家庭教育学の研究・確立と家庭のあり方や子育てに関して悩みを抱える親が自信をもって子育てをするための大学教育を提供する、国内初の大学となります。

また家庭内ブロードバンド環境の着実な普及状況を鑑み、本大学では、学習のための余剰時間を捻出しにくい親を想定し通信教育を採用、インターネット学習のみで卒業が可能な学習システムを導入することが決定しています。学生は自分の子どもの発達段階にあわせた授業内容を選択し、インターネットを通じて自身の家庭の問題を踏まえながら学習を進めることができます。
直接、教授からの指導を希望する場合は、横浜駅から徒歩10分の立地に開設されるキャンパスにて個別指導または少人数による指導を受けることもできます。キャンパスは本学の学生以外の人も利用できる「家庭教育支援センター」を併設するほか、託児所の開設も行う予定です。また、家庭の家計負担を考慮し、授業料は月4000円から受講できる大学となっています。

設置者の八洲学園は、通信制高校である八洲学園高校(大阪府堺市、安東和美校長)や八洲学園国際高校(沖縄県本部町、宮長芳登校長)を設立・運営し、高校中退者を中心に10000名の生徒を受け入れた実績があり、通信教育機関としては国内最大手の教育機関となっています。八洲学園理事長の和田 公人は大学開設の動機として「多くの高校中退者の親と話をしている中でこのような大学の必要性を痛感した」とコメントしています。
本発表に関する貴メディアのお問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

プレス関連のお問い合わせ先
学校法人八洲学園大学 開学準備室 広報事務局 担当:池田、青木、小笠原
TEL:03-5545-6412 FAX:03-5545-6617
Mail:u-koho@yashima.ac.jp
URL: http://www.yashima.ac.jp/daigaku/


■八洲学園大学 募集要項:
・募集内容
    生涯学習学部(家庭教育課程600名、人間開発教育課程600名)

・出願期間
    2004年1月(予定)以降は随時出願を受け付けています。

・入学試験について
    入学選抜試験(筆記試験)は実施しませんが、入学資格の有無を確認するための書類 選考を行います。
    簡単な作文とともに、成績証明書・卒業(見込)証明書をご提出いた だきます。 選考料は無料です。

■募集過程について:
○家庭教育課程
八洲学園大学 家庭教育課程では、保育園・幼稚園・小学校・中学校における教育について理解を深めます。これにより、学校では「どういうことを教えているのか、家庭ではどんなことを理解し協力し、結果として子どもは何を身につけていればよいのか」学び、多くの親に自身を持ってもらえるものと考えています。
そこからは興味に応じて、より掘り下げて家庭について学び、考えていきます。問題行動や少年非行、現代の社会病理、週5日制、企業と家族、カウンセリングといった軸に加え、歴史、心理、法律、スポーツ、倫理、経済、芸術といった、教育とは切り離せない領域を含めた学際的な学びを深め、『家庭教育学』を習得します。
■卒業後の目指せる職業──家庭教育アドバイザー、子育てサポーター、ボランティア活動などの指導員、
                    社会教育主事、図書館司書など

○人間開発教育課程
八洲学園大学 人間開発教育課程のひとつめの柱は、自治体や地域といった社会全体が取り組む社会教育の研究教育です。社会教育主事、教育委員会事務、公民館職員に代表される社会教育活動に具体的・実践的に取り組むための基礎を培います。
人間開発教育課程のもうひとつの柱は、意欲の高い労働者のリカレント(再教育・回帰教育)の場として新しい知を創造する力を養います。
■卒業後に目指せる職業──社会教育主事、家庭教育アドバイザー、公民館職員、公立図書館司書、
                    学校図書館司書教諭、子育てサポーター、社会教育指導員、博物館学芸員など

■本学講座の履修方法について:
どの受講形態でも一定の条件を満たせば単位を取得できます。
(但し、卒業単位数124単位のうち30単位以上を面接授業によって習得することが卒業要件です)

(1)メディアスクーリング履修【面接授業】
通常・週末・春期・夏期・冬期、5つの期間に教員の授業をインターネットを通じて受講します。

(2)スクーリング履修【面接授業】
通常・週末・春期・夏期・冬期、5つの期間に本学または本学の指定する施設で教員の授業を受講します。

(3)テキスト履修【通信授業】
教科書に基づく自学自習を進め、教員の指導を受けながら受講します。

(4)テキスト・スクーリング履修【併用授業】
テキスト履修とスクーリング履修を併用し、それぞれに定められた単位を修得します。

(5)テキスト・スクーリング選択履修【選択授業】
*こちらは本人の選択でテキストかスクーリングを選びます。
テキスト履修とスクーリング履修のいずれかの選択した履修方法の単位を修得します。



■学校説明会日程について
12月14日(日) 13:00〜15:00
12月16日(火) 13:00〜15:00
12月18日(木) 19:00〜21:00

○実施場所:学校法人八洲学園大学
〒220-0021 横浜市西区桜木町7−42
Tel. 045-324-6960
MAIL:u-info@yashima.ac.jp
URL:http://www.yashima.ac.jp/daigaku/
*詳細はWebサイトにてお伝えさせていただきます。

関連URL:http://www.yashima.ac.jp/daigaku/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
官公庁・団体



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り