株式会社船井総合研究所


1億→10億円へ5年で成長!“地域共生型企業”恵那川上屋に学ぶ「中小食品メーカー経営戦略セミナー」開催のご案内



 株式会社 船井総合研究所では、2012年5月10日(木)・12日(土)に「食品メーカー・卸向け経理戦略セミナー」を開催いたします。
 リーマンショックそして東日本大震災以降、消費者心理は大きく変化したと言われていますが、その変化への対応は中小食品メーカーにも求められています。
これまでビジネスにおいては、社会性と収益性は矛盾する(=社会に良いことを やっても儲からない)と言われてきましたが、今後は「地域や社会への貢献 =「社会性の追求」を行う企業のみが成長する時代へと大きくシフトしていくと思われます。
このような変化に対応し、ビジネスモデルの転換を図りたった5年で1億円から10億へと急成長を成し遂げている、「株式会社恵那川上屋 代表取締役 鎌田真悟氏」をゲストとしてお迎えし、中小食品メーカーの業績アップのポイントやノウハウについてお伝えします。

【株式会社恵那川上屋 鎌田氏 プロフィール】
仕入先(農家)、お客様、自社の「三者が喜ぶ仕組み」を追求し、栗を契約農家から市場価格の1.5~3倍で全て買い取ることによって、地域の栗の生産量を短期間に倍増させるのと同時に、自社の売上を大きく伸ばすなど、目覚ましい成果を挙げている。現在売上高30億円を目指し成長中。 著書に「日本一の栗を育て上げた男の奇跡のビジネス戦略」

以下のような悩みを持つ経営者向けセミナーです。
◇「地域の良い素材を使った良い商品があるのに売れない」と悩んでいる
◇ 地域の特産品のブランド化を図りたい
◇ 収益性と地域への貢献を連動させ、業績を上げたいとお考えの方
◇ メディアからも注目され、地域・生産者・行政に応援される会社づくりをしたい方
◇ 従業員が自社の商品を自慢とし、働きがいをもてる会社にしたい方

当日の内容の一部をご紹介すると
◇ 恵那川上屋がたった5年で年商10倍!1億円→10億円に成長したミラクルストーリー
◇ これからの地方の中小食品メーカーの成長モデルはこれだった!急成長の「生産・加工・販売」の一気通貫型モデルとは?
◇ 地域の素材を活用し「全国から買いたい」という声が止まらない!売れる商品開発のマル秘ポイント
◇ 生産者・地元・従業員・行政に応援される会社のつくり方!
◇ 農家から直接原料を仕入れるための失敗しない! ステップ
◇ 助成金を上手に使い、初期投資を抑えて地域の特産品をブランド化する方法!
◇ お客様があなたの会社の営業マンとなる「コミュニティ販促」とは?
◇ 全国のメディアから取材のアラシが起きる!「船井流メディア活用法」!
◇ 従業員1人1人が「会社の夢」と個人の「夢」をつなぎ、自主的に動く「ミッション共有型組織」の作り方!


▼セミナー詳細・お申込はこちらから
http://www.funaisoken.co.jp/site/seminar/semina_1332691896_3.html

■開催概要
大阪会場:5月10日(木)13:00~17:00(受付12:30より)
船井総研 淀屋橋セミナープレイス(大阪市中央区北浜 4-7-28 住友ビル 2号館 7 階)
東京会場:5月12日(土)13:00~17:00(受付12:30より)
船井総研 五反田オフィス(東京都品川区西五反田 6-12-1)

ご参加料金 
 36,750円 / 一名様(税込)

◆お問い合わせ・お申込
TEL. 0120-948-990 (平日 9:30 ~ 18:00 )
■お申込みに関するお問合せ :マツクラ・カネコ
■内容に関するお問合せ:大阪経営支援本部 ヨコヤマ
  
詳細・お申込はこちらから
http://www.funaisoken.co.jp/site/seminar/semina_1332691896_3.html

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災